【絵本の紹介】「がいこつさん」【329冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「がいこつさん」です。

作・絵:五味太郎

出版社:文化出版局

発行日:1982年5月2日

 

一目でわかる特徴的なイラストは五味さん独特の味。

本人はよく自分は絵が下手だと言ってますが(林明子さんと比べたりするから……)、そんなことはないと思います。

この「がいこつさん」なんか、すごく可愛いです。

足の曲げ方とか、表情(?)とか。

 

もともと、絵本の絵とは上手であることが重要なのではありません。

上手に越したことはないかもしれませんけど。

五味さんは絵よりも絵本の構造的な部分で毎回手法を変えてきます。

この作品では、テキストの語り手が、主役である「がいこつさん」と掛け合いをするというメタ的な表現がされています。

 

何かが気になって眠れないがいこつさん。

なにか 忘れているような 気がする……

語り手が「ちゃんと思い出さないと いつまでたっても ねむれませんよ」と言うと「それも そうだな」と、がいこつさんは起き出して考え始めます。

 

この語り手とは作者なのか、読者なのか、神様なのか、それともがいこつさん自身の心の声なのか、その辺はわかりません。

思い出せないがいこつさんは外へ散歩へ出かけます。

さっぱりと いい天気」と書いてますが、何だか夜中みたいに見えます。

暗めの青を基調にした色使いのせいで、もちろん意図的なものでしょう。

病院に 予約してあったかな

頭を さっぱりするの 忘れていたかな

などと呟くがいこつさんに、語り手は「まさか」とツッコミを入れ続け、そのたびにがいこつさんは「それも そうだな」。

デパートをあてもなくうろつき、最後にトイレへ。

もちろんがいこつさんはおしっこなんかしません。

でも、最後に鏡を見て気づくのです。

忘れていたのは……。

 

★      ★      ★

 

五味太郎さんらしいシュールさ満載の世界。

色調は暗めでも、少しも怖くもないし、がいこつさんのキャラクターもいい。

何を言われても「それも そうだな」と受け流す淡泊さの内には、すでにこの世から解き放たれた存在ゆえの涼やかな達観があるのでしょうか。

 

もう何も必要ではないがいこつさん。

語り手との愉快な掛け合いの中に、ほんのちょっぴりの寂寥感が隠し味として含まれています。

 

誰かがどこかで 待っているの 忘れていたかな

いやいや、もうそれはない。たしかに 待っていたひともいたけれど、それはもう ずっと昔の話

 

オチについては一応伏せておきましたけど、別にオチが重要な絵本ではありません。

だいたい予想できますし、絵本に慣れた読者ならちゃんと見返しの絵を見るので、すぐにピンとくるはずです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

口を開けたがいこつさんの可愛さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「がいこつさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

コメント