【絵本の紹介】「うさこちゃんとどうぶつえん」【326冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久々にあの人気者に登場してもらいましょう。

ミッフィー」の名の方が通っているけど、私の中ではこの子はやっぱり「うさこちゃん」なのです。

 

うさこちゃんとどうぶつえん」。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1964年6月1日

 

当ブログでは4度目の登場。

ちいさなうさこちゃん」「うさこちゃんとうみ」「ゆきのひのうさこちゃん」そしてこの「うさこちゃんとどうぶつえん」の4冊は、ディック・ブルーナさんの「子どもがはじめてであう絵本」の第1集という位置づけになっています。

 

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

≫絵本の紹介「ゆきのひのうさこちゃん」

 

シンプルを極めたようなブルーナさんの絵本作りの中でも、有名なのは「ブルーナカラー」と呼ばれる6色の指定色のみでの彩色です。

けど、この第1集を始め、初期作品の時点では指定色はまだ4色(赤・青・黄・緑)のみです。

 

読んでみると、本当に4色しか使ってないとは信じられないほど色彩豊かに感じられるのがすごいところ。

今回は緑を基調にした落ち着いた彩色ですが、例えば冒頭の動物園へ出発することになる場面では、背景色が赤になっていて、楽しい気持ち、期待が高まる気持ちが表現されているわけです。

 

そして、上記記事でも触れていますが、このシリーズを味わい深いものにしているのは名翻訳家・石井桃子先生による(ほとんど創作と言っていいくらいの)訳文です。

 

おい うさこちゃん とうさんは どうぶつえんへ いこうかと おもってるんだが いっしょにくるかい?

という父親「ふわふわさん」のセリフ。

これは前作「うさこちゃんとうみ」での誘い方と同じですね。

 

一緒に来なさい、とか、連れて行ってやろう、とかは言わず、あくまで子どもに主体性を持たせようとする言葉の使い方。

できるお父さんです。

でもこれ、元の英文を紹介しますと、

I'm going to the zoo today. Come with mee,Miffy dear

となっていて、全然ニュアンスが違ってくるんですね。

 

で、対するうさこちゃんの返しが、

うれしい うれしい ばんざあい! でも どうぶつえんまでは あるけない。とうさん きしゃで いきましょう

という、相変わらずませた上に何だか芝居がかった言い方。

 

二人は汽車に一時間も乗って動物園に行きます。

うさこちゃん自身もうさぎという動物でありながら動物園に行くというザワザワ感はあるものの、うさこちゃんは様々な動物たちを見て楽しみます。

ぞうは平気でもきりんは怖いらしいうさこちゃん。

亀に乗れるとか、うらやましすぎるサービスの動物園なのでした。

ほら この うさこちゃんの とくいがお

と言われるとそう見えてくるのもブルーナ・マジック。

 

★      ★      ★

 

うさこちゃんの設定年齢は不明です(作品により毎回微妙に変化してる気もします)が、冒頭の父親とのやりとりを読む限り、動物園に行くのが初めてというわけではなさそうです。

動物園が遠いことを知ってるし、動物園のおうむはうさこちゃんの名前を知ってるし。

 

その割には、やけに初々しい反応を見せるうさこちゃん。

しまうまに驚いたり、きりんを怖がったり。

 

それが少々不思議だったんですが、自分の息子を動物園に連れて行った時のことを思い出してみると、そんなものかもしれないという気になりました。

日々成長変化する子どもにとっては、行くたびに新しい発見や驚きがあるのでしょう。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

かめキュート度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさこちゃんとどうぶつえん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント