【絵本の紹介】「あ」【325冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。
書籍のタイトル付けは、そのまま売れ行きに影響したりしますので、出版社側としては頭の悩ませどころです。
とにかく目に留まらなければいけないので、インパクトを重視してるようです。
攻め過ぎてわけわかんなくなってるタイトルを見てると、苦労されてるなあと思います(恥ずかしげもなく売れた本の二番煎じタイトルを付けてるのもあるけど)。
絵本はそのジャンルの性質上、あまりタイトルは捻らないようです。
ほとんどの作品が「内容そのまんま」か「主人公の名前」です。
絵本はあんまり攻めたタイトル付けると買ってもらいにくいですからね。
そんな中で、今回紹介するのは大胆にも「」という一文字タイトルのこの作品です。
作:大槻あかね
出版社:福音館書店
発行日:2008年11月15日(こどものとも絵本)
発表が2005年1月の「こどものとも年中向き」ですから、絵本としては新作の部類に入ります。
古典絵本ばっかり紹介してるので、久しぶりにフレッシュな現代絵本を取り上げてみたくなりまして。
作者は大槻あかねさん。
絵本だけでなく雑誌や広告、CDジャケットなど幅広い分野で活躍されているアーティストです。
写真を見るとミュージシャンかと思うような、なかなかパンクな外見をしておられます。
作者の風貌、タイトルのインパクトから、難解な前衛的作品かと思いきや、実にシンプルで共感しやすい内容です。
タイトルも実は「そのまんま」。
写真絵本で、主人公は針金で作られた小人。
彼が様々な日常目にする「物」に出会います。
その度に針金くんは「あ」と発し、ちょっとニヤリとしてしまうような反応を見せます。
ジョッキやポットの真似をしたり、綿棒をバーベルに見立てて重量上げをしたり。
生き生きと動き回ります。
針金くんの行動はちょっと意外なようで、「もし小さくなったら誰もがやりそう」なこと。
天真爛漫な彼の姿に、何だか不思議な種類の笑いが湧いてきます。
蚊取り線香の上を走ったり、手袋に潜り込んだり。
最後はファスナーの上を滑って、さらなる出会いを求めて駆けて行きます。
★      ★      ★
シンプルでありながら独創的。
それでいて奇をてらったわけではなく、ある種の普遍性をも捉えた良作です。
自由な発想と、すぐに実行に移す行動力。
私たちが普段見慣れて何とも思わない物にも、針金くんは新鮮な興味を持って近づきます。
そう、針金くんは既成概念に縛られない子どもそのもの。
子どもたちは「自分だったらこうする」という予想通りに動いたり、あるいは予想を超えて行ったりする針金くんに共感を覚え、快哉を叫ぶでしょう。
実は2017年に続編「ああ」がこどものともより出ております。
残念ながらまだ単行本化はされてませんが、うちの息子はこれが大好き。
何回読んでもゲラゲラ笑ってくれます。
ところで、こどものとも絵本には奥付に英語版タイトルが付いてるんですが、これを見るのが結構楽しかったりします。
日本語版と全然違うタイトルのものも少なくありません。
ちなみにこの「あ」は英語版だと「HE MEETS」。
 
推奨年齢:3歳〜
読み聞かせ難易度:☆
クスクス度:☆☆☆☆☆

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント