【絵本の紹介】「あまがさ」【320冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

梅雨入りして、今年もじめじめした季節がきました。

ああ、うっとうしい……と不機嫌になる前に、こんな絵本を読んでみてはいかがでしょう。

 

あまがさ」。

作・絵:八島太郎

出版社:福音館書店

発行日:1963年8月25日

 

1960年代から増刷され続けているロングセラー。

今もって色あせない、眩しい光を放つ絵。

 

主人公の「モモ」は、三歳の女の子。

両親とも日本人ですが、ニューヨークに住んでいます。

 

誕生日にもらった赤い雨傘と長靴を早く使いたくてそわそわしています。

ところがあいにく天気のいい日が続き、なかなかモモは傘をさすことができません。

やっと雨が降った時、モモは慌てて長靴を履き、傘をもって外へ飛び出します。

 

ニューヨークのにぎやかな通りを、モモは大人になった気分で歩きます。

雨傘の上では雨が、聞いたこともない不思議な音楽を奏でていました。

幼稚園に行っても、モモは外の雨を見ていました。

 

帰り道も、来た道と同じテキストと絵で物語られます。

今では大人になったモモは、この時のことを覚えていません。

おぼえていても いなくても、これは、モモが うまれて はじめて あまがさを さした ひだったのです

 

★      ★      ★

 

子どもにとって、雨はわくわくするようなイベントです。

子どもはいつも何かが起こることを待ち望んでいます。

私たちにもそんな瑞々しい感性があったことを思い出させてくれる絵本です。

 

海外で暮らす日本人という設定は、海外旅行が一般的でない当時としては非常にモダンで、見返しや本文に描かれたニューヨークの街並みは、子どもたちに異国への憧れを生じさせたと思われます。

 

作者の八島太郎さんは実際にニューヨークに渡って活躍し、この「あまがさ」は「Umbrella」としてアメリカで発表され、コールデコット賞次席となった作品です。

華々しい経歴のように見えますが、八島さんは日本の軍国主義に反対したため10回にもわたって投獄されているのです。

 

第二次世界大戦時には、命の重要さを説き、日本兵に投降を呼びかけるビラを製作したことでも知られています。

当時としてはそうした行為は「非国民」扱いされ、非常な勇気のいることだったはずです。

 

八島さんの絵と作品、そして生き様は、戦後の日本絵本界を担った作家や編集者たちに多大な影響を与えました。

彼の絵に込められているのは、厳しい環境の中で、それでも平和を祈り続けた力です。

 

現代の絵本にそうした魂を揺さぶるような力があるかと言えば、とてもないでしょう。

それが悪いことだとは言いません。

芸術はすべて時代の中から生み出され、時代の影響を受けるものです。

 

しかし、それぞれの時代に生み出された絵本を読むとき、その時代そのものを感じ、考え、次世代に残していくことは大切な作業だと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

モダン度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あまがさ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント