【絵本の紹介】「もこもこもこ」【318冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

古本とは言え、やっぱり絵本はきれいな状態の方が望ましいものです。

色々な古絵本を扱っていると気づくのですが、「いつも傷んでいる」状態の作品というものが存在します。

 

それはつまり何度も何度も繰り返して、それもまだ本の扱いが大雑把な幼い子どもたちの手で読まれたことの証です。

ボロボロさは絵本としての勲章とも言えます。

 

そんな絵本が、今回紹介する「もこもこもこ」です。

作:谷川俊太郎

絵:元永定正

出版社:文研出版

発行日:1977年4月

 

絵本は自由度の高いメディアであり、様々な実験が試みられる分野です。

もちろん、すべての実験が成功するわけではありません。

 

単に奇をてらっただけの作品では、子どもに見向きもされないこともあるでしょう。

そんな中、この「もこもこもこ」は前衛的でありながら大変な成功を収めた傑作です。

 

発表は1977年、40年以上も前。

「絵本とは何か」

「絵本とはどうあるべきか」

などと小難しいことを考えていた大人たちは、この作品を見てどんな衝撃を受けたことでしょう。

 

出てくる言葉は「しーん」「もこ」「もこもこ」「にょき」などの擬音のみ。

異色の絵師・元永さんによる抽象画のような挿し絵。

それがどうしてこんなにも子どもたちの心を惹きつけて離さないのか、まさに魔法の絵本です。

見開きには地平線(のようなもの)が描かれ、「しーん」のテキスト。

扉も何にもなく、次のページからすぐに本編に入ります。

 

もこ」と、何かが地平線からこんもりと出てきます。

何かは「もこもこ」「もこもこもこ」と大きくなり、隣からはまた変な形の物体が「にょきにょきにょき」。

何かはその変な物体を「ぱく」と食べてしまいます。

そのように見えます。

 

で、「もぐもぐ」したら「つん」と赤いできものみたいなのが発生、それが「ぽろり」と落ちて「ぷうっ」と膨らみ、「ぎらぎら」「ぱちん!」と弾けます。

その後、空から三角形のクラゲかイカみたいな形が「ふんわ ふんわ」落ちてきて、元の地平線に戻って「しーん」。

 

そして、カバーをめくると……。

 

★      ★      ★

 

こんなんでいいのかよ」という声が聞こえてきそうですが、こんなんでいいんです。

めちゃくちゃ売れてます。

 

それに「こんなん」がいかに難しいか。

自分でも描けると思ったら描いてみたらいいと思います。

おんなじような作品を作っても、同じようにヒットするかと言えばその可能性は低いでしょう。

 

子どもは大人よりも抽象作品の理解力に優れているのかもしれません。

極限にまで削られたテキストとイラストから、無限の物語を紡ぎ出すことができるのです。

 

この作品が稀に見る傑作になり得たのは、究極すれば冒頭の「しーん」からの「もこ」に尽きます(あと、ラストのカバー裏の「もこ」)。

言葉遊び、色と形、ユーモア……様々な要素が混在し、分類不可能な独自の世界を作り出しています。

 

この変な作品が超ロングセラーなんですから、やっぱり絵本って面白い。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆

謎の吸引力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「もこもこもこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント