競争相手は蹴落とすものではなく、引き上げるもの

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子も来年には小学生です。

これまでここでアレコレ書いてたように、息子はずっと家だけで過ごしており、幼稚園も保育所も行かず、友だちもいません。

この子が集団の中に入れられた時どんな反応を示すのか、不安半分楽しみ半分です。

 

わがまますぎるんじゃないかと心配した時期もありましたが、意外とよその人には礼儀正しかったりするのです。

私にはグーパンチを浴びせますが。

さて、子どもをどんな小学校に通わせるかは、親にとって悩ましい問題です。

どんな先生がいるのか、教育方針はどうなのか、周辺環境はどうなのか……など、考えればきりがない。

 

私も色々と検討してきましたが、はっきり言ってよくわかりません。

ネットで調べても、人に聞いても、小学校を評価する基準がほとんど「学力」ばかりだからです。

 

小学生の内からそんなに勉強ばかりしなくても……などと呑気に構えてる場合じゃないんだそうです。

きょうびの教育熱心な親御さんたちは、すでに小学校から大学受験までのルートを考えているのだそうです。

 

それを悪いことだとは思いません。

親心も理解できます。

 

でも、そういう「いい大学に入って、いい会社に就職して、いい配偶者を見つけて、いい家庭を築く」のが人生の目標という時代はもう終わりでいいんじゃないでしょうか。

もちろん、そういう人生は結構ですし、心から幸せな人もいらっしゃるでしょう。

しかしそれと人間的な完成度とは何の関係もありません。

 

今の社会では「同年代の競争相手」に勝ちさえすれば「成功者」になれるというルールが一般的になっています。

みんなが少しでも社会的な上昇を望んで競争を繰り返しています。

そのために子どもを幼いうちから塾や習い事に通わせるのです。

 

勉強なんて無意味、とは思いません。

勉強は大事です。

でも、それは「同年代集団での競争に勝つ」ためではなく、人間的に成長するために必要なのです。

 

きれいごとを言ってるように思われるでしょうが、その「きれいごと」を忘れてはならないのです。

そして本当は心の底では、誰もが「きれいごと」で生きるべきだと思っているのではないでしょうか。

教育に熱心な親御さんたちは、我が子の将来を真剣に考えている点、素晴らしいと思います。

でも、何が起こるかわからない世の中で、本当に我が子の将来を考えるならば、同年代集団での競争に勝つという局地的にしか使えない能力よりも、自ら必要なことを学習し、応用し、どんな状況でも愉快に生きることのできる人間力こそ重視するべきではないでしょうか。

 

息子が幼いうちから大量の絵本を読み続ける私は、他人から見れば早教育に躍起になっているように思われるでしょう。

しかし、私が息子に望むものは「競争相手を蹴落とす」能力ではなく、「競争相手を引き上げる」能力なのです。

それによって互いが、一人では到達できなかったステージへ上昇することができるからです。

それは真に自由な精神で主体的に学ぶ人間でなければできないことです。

 

小学校選びはもちろん大切です。

けれども、本当に大切な親の仕事は「どんな小学校に通わせるか」を選ぶことではなく、「どんな小学校に行っても大丈夫」な子どもを育てることではないでしょうか。

 

小学校に関しては色々と思うところもあるのですが、それはまた今度。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント