【絵本の紹介】「めがねうさぎ」【316冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

近視大国・日本。

国民の約6割が近視だそうで、発症する年齢もだんだん下がっているようです。

私も妻も小学生の頃に近眼が始まりましたが、息子の場合はもともと良い目が悪くなったのではなく、そもそもピント機能が発達していない弱視の近視でした。

 

去年の暮から治療用眼鏡をかけた生活を始め、どうにか最近に矯正視力が出るようになりました。

しかし、眼鏡が外せるようになったわけではありません。

今では手術で近視は治ります(私も妻も手術済み)が、大人になるまでは眼鏡(かコンタクトレンズ)が手放せないわけです。

 

親としてはどうにも不憫で、あれこれ気を回したり、もっと可愛いフレームにした方が良かったかと悩んだりしますが、本人はすでに眼鏡が体の一部となっており、起きるととりあえず眼鏡を探すようになりました。

 

大人が気にするほどには子どもは眼鏡を疎ましく思っていないようです。

まあ、これだけ眼鏡の人が多くなると、学校でももういちいち冷やかされたり、からかわれたりということもないのかもしれません(まだ息子は学校に行ってないから知らないけど)。

 

今回はせなけいこさんの「めがねうさぎ」を紹介します。

作・絵:せなけいこ

出版社:ポプラ社

発行日:1975年2月

 

表紙を見ればわかる通り、日本中の子どもたちにトラウマを植え付けたあの最恐絵本「ねないこだれだ」と同じ造形のおばけがここにも登場します。

 

≫絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

ただ読めばわかりますが、このおばけは見た目は「ねないこだれだ」のおばけと一緒でも、セリフも行動も表情も愛嬌たっぷりで少しも怖くありません。

天然眼鏡っ子キャラクターの「うさこ」にいいように翻弄されてしまいます。

 

冒頭の一文がとてもいい。

近頃目が悪くなったうさこが眼鏡をかけるようになると、友だちが面白がって「めがねうさぎ」と呼ぶようになります。

するとうさこは「ちょっぴり はずかしく ちょっぴり とくいです」。

そうなんですよね。

子どもは眼鏡でも松葉杖でも、周囲と違う特別を誇らしく思ったりするようです。

マドレーヌは、盲腸の手術痕を見せびらかしてましたし。

 

≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」

 

さて、夜寝る前になって、うさこは眼鏡をしていないことに気づきます。

昼間遊んだ山で落としたのかもしれないと思い、うさこは大胆にもひとりで探しに出かけます。

そこで眼鏡と間違えて、ふくろうの目玉やねずみのしっぽを掴み、叱られます。

森の奥まで来たところ、そこには退屈したおばけが待ち構えていたのです。

 

うさこを見つけたおばけは張り切って「べろべろ ばあー」。

ところがド近眼のうさこは目の前のおばけがよく見えていません。

ちっとも怖がらないうさこにがっかりしたおばけは、うさこの眼鏡探しを手伝います。

汗をかきかき、必死になって眼鏡を探すおばけが愛おしい。

一方のうさこは「だれだか しらないけど しんせつな ひとだなあ」と座って待っています。

 

一晩中かかってやっと眼鏡を見つけたおばけは、うさこに眼鏡をかけさせ、今度こそ驚かせてやろうと伸び上がります。

ところがちょうど夜が明けてしまい、朝日を浴びたおばけは「きゃあ!」と叫んで消えてしまいます。

 

結局うさこは何も知らないまま、眼鏡が見つかったことを喜びながら帰って行くのでした。

 

★      ★      ★

 

ユーモラスな展開でありながら、そこはかとなく怖い雰囲気だけは漂っているのがせなさんの持ち味。

夜の山なんて普通でも恐ろしいところなのに、見えていない状態で平気で歩いて行くうさこには驚きです。

 

むしろ見えているからこその恐怖があり、見えないから逆に怖くないという逆転現象が描かれています。

それは視界だけの話ではなく、のほほんとしたうさこの性格ゆえに、何も恐れることがないのです。

 

身体機能が正常であることはもちろん望ましいことですが、精神が健康であることのほうがさらに喜ばしいのではないでしょうか。

眼鏡の息子を持つ身となってから、今一度この絵本を読むと、何だか勇気づけられるのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

おばけに同情度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「めがねうさぎ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント