【絵本の紹介】「きゅうりさんあぶないよ」【313冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私はほとんどテレビを見ないんですが、この前スズキコージさんが出ると聞いて「日曜美術館」を息子と一緒に録画視聴しました。

代替不可能な感性を持った絵本作家・画家。

現在71歳。初めて知ったんですが、緑内障を患われていて、片目を失明されているんですね。

去年亡くなられた加古里子さんも、同じ病気で苦労されていたのを思い出しました。

 

以前「コーベッコー」という作品の記念展でスズキさんとお会いしたことがあります。

 

≫スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

息子はもう忘れているだろうと思ってたんですが、自分あてにサインをもらったこともちゃんと憶えてました。

野外で巨大なキャンバスに素手で絵を描く「ライブペインティング」のシーンが特に気に入って、何度もリピートしてました(見終わると微妙にスズキさんっぽい喋り方になってて笑えました)。

 

とにかく絵の個性が強烈で、読者を選びかねないスズキ作品。

その圧倒的独自性ゆえに絵の仕事も断られることが多く、堀内誠一さんに見出されて絵本の道に入ったものの、不遇の時期も長かったそうです。

 

独特なのは絵だけではなく物語の内容も同様で、ほとんどの作品が従来の絵本の枠組みに収まらないようなハチャメチャな展開と理解しがたい世界ばかり。

絵柄の変遷はあっても、キャラクターのアクの強さは変わらず。

一種黒魔術的な危なさを感じてしまう読者も少なからずいるのではないでしょうか。

 

今回紹介する「きゅうりさんあぶないよ」もまた、とても他の作家には描けない唯一無二の絵本です。

作・絵:スズキコージ

出版社:福音館書店

発行日:1998年11月10日

 

主人公「きゅうりさん」は、きゅうりに顔があり、蔓のようなぐるぐるした手足を持ち、斜め掛け鞄を持ったヘンなキャラクター。

彼が一言も発さずにずんずんと進み続けます。

それに対し、くま、トナカイ、ハリネズミ、やまねこといった動物たちが

きゅうりさん そっちへいったら あぶないよ ねずみがでるから

と注意します。

意味わかりません。

きゅうりさんは忠告を聞いてるのか聞いてないのか、とにかく進み続けますが、動物たちと出会うたびに、彼らの身に付けている物を少しづつもらって装備していきます。

この変化・進化が面白い。

何度もページを行ったり来たりしてしまいます。

帽子、眼鏡、ほうき、手袋、やかん(?)、旗、リュック、エプロン、ローラースケート、ベルト……。

もはや最初の姿からは想像もつかないような変貌を遂げ、最後にはヤギから白いあごひげをもらい(どうやってもらったんでしょう)、ついに件の「ねずみ」と対峙。

 

ねずみはきゅうりさんの神々しい姿を見るなり「あぶない!」と叫んで逃げ出し、きゅうりさんはそれを追いかけます。

 

★      ★      ★

 

自分で書いてても、何だかわからないから、説明されてもわからないでしょう。

一度読んでみるしかない、そんな絵本です。

 

ナンセンスと言えば途方もなくナンセンスなんですが、スズキさんの作品は例えば同じ絵本作家の長新太さんとか佐々木マキさんのナンセンスさとは違う気がします。

長さんの描く絵本は頭の固い大人の怒りを買ったりしますが、スズキさんの場合は怒ることすらできない、といった風でしょうか。

 

これほど異質な作品を描きながら、挑発的な匂いも実験的な意図も感じられないのがスズキさんらしい。

とにかく自分のイメージを素直に表現したら「こうなっちゃったよ」と、自分でも感心してしまってるような気配がします。

 

例の「日曜美術館」で、スズキさんはあまり読者である子どものことは考えてないと話してますが、そうだろうと思います。

子どものことを考えてたらこんな絵本は描けませんよ。

子どもだってこんなのは意味不明です。

 

だけど、子どものいいところは意味が分からなくてもそこにある「おもしろさ」には気づいてくれること。

シンプルに捉えれば、きゅうりさんの装備の変化を追うだけで充分すぎるくらいこの絵本はおもしろいんです。

まるで古臭いRPGゲームみたいにだんだんと重装備になっていって、裏表紙では勇者のように銅像まで建てられている。

なんかわからないけど、こういう「増えて行くおもしろさ」というのは確かにあります。

 

もう結構長い期間「個性を大事に」なんて的外れなことを教育現場で掲げていますが、その割にはこの国には個性的な大人というのは驚くほど少ないです。

むしろ個性的・個人的であれば生きにくい社会ですから、当然と言えば当然です。

 

スズキさんはずっと理解されない孤独や生きづらさを感じてこられたのではないでしょうか。

普通の人はそこで個人的であることを諦めて、周りの価値観に自分を合わせて生きることを覚えるのですが、スズキさんはけっして自分を諦めなかった人なんだと思います。

 

本来人間はこれくらい個人的であっても自由であっても構わないはず。

スズキさんの作品や生き方を見ているとそんな気持ちになるんです。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆

銅像の文字が読めない度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きゅうりさんあぶないよ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント