子どもの行動は大人の(無意識の領域の)鏡ということ

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新しい生活が始まる4月。

真新しいランドセルの新一年生が道を歩くのを見ながら、来年はうちの息子も小学生か……と思うと同時に、「ほんとにこのままで大丈夫なのかな」と考えてしまいます。

実は最近、以前にもまして手を焼いているのです。

そういう時期なのか性格なのか、息子はちょっとしたことでカッとなることが多くなりました。

「ちょっとしたこと」というのは本当にちょっとしたことで、例えばご飯のおかずが気に入らないとか、作っていたピタゴラ装置がうまく作動しなかったとか、そんなレベルの話です。

 

さらに、カッとなると手が出るようになりました。

グーパンチ、噛みつく、引っ掻く。

ま、これくらいはしたいようにさせておくのですが、一番恐ろしい技はこっちが寝ているところへのジャンピングニードロップ。

当たり所が悪ければシャレにならないダメージを受けます。

 

どうしてこんなに乱暴になったのかはわかりません。

あるいは、自然な成長かもしれません。

ただ、一般的には子どもはそういう時期を迎えたとしても、周囲の同じ年ごろの子どもたちとの喧嘩やふざけ合いの中で、手加減というものを覚えていくのでしょう。

親以外の大人から叱られる経験を通して、ある種の世渡りを学んでいくのでしょう。

 

しかし、何度も書いている通り、息子は保育園にも幼稚園にも通わず、他の子どもと遊ぶ機会もありません。

兄弟さえいません。

そして我が家の方針として、極力叱らない・何事も強制しない育て方をしてきました。

 

今の息子の我の強さ、罪悪感の無さ、抑制されることへの拒否感の強さは、むしろ当然なのかもしれません。

 

もちろん私としてはこのままで良しとは思っていません。

私が体力と精神力を削りつつ目指しているのは、息子の円満な人格形成です。

 

脅したり、痛めつけたり、押さえつけたり、エサで釣ったりといった、現在当たり前のように行われている「教育」に依らずして、「自由な精神を持つ人間」の成長を助けるのが、私の願いです。

 

とは言うものの、いつまでたっても情緒の未熟な息子を相手にしていると、自信がなくなってきます。

実はとんでもない間違った道を選んでしまったのではないかと不安になります。

 

ずっと続けてきた大量の絵本の読み聞かせによって、息子の言語能力は非常に発達してはいます。

「老廃物」とかを初見で読めるくらいの国語力はあります。

これだけ言葉がわかるなら、諄々と理を説けば納得させられるだろうと思うんですが、そうはなりません。

息子が感情を爆発させている時は、どれだけ言葉を尽くしたところで効果がありません。

 

色んな絵本や児童書を読んではいても、感動する話などには無頓着だし、道徳心が芽生える気配もありません。

とにかく今の息子には「楽しいかつまらないか」以外の基準がないように見えます。

 

妻などはとっくに忍耐の限界に達し、すぐに怒ってしまうようになっています。

私も、やはり叱るところは叱らないと駄目なのかな、と悩んだりしていました。

 

そんな時は色々な本を読みます(なるべくスケールの大きい内容のを)。

また、このブログで自分が書いたものを読み返したりします。

偉そうなこと書いてるな、と今の自分が恥ずかしくなったりします。

 

そうやって気持ちをリセットします。

そして最近の自分を振り返ってみれば、無自覚のうちに、余裕がなくなっていたことに思い至ります。

結局のところ、私は息子をコントロールできないことに苛立っていたのです。

思い通りに動いてくれないことに不満を抱いていたのです。

そんな風にコントロールされない人間を育てようとしていながら、です。

 

子どもの教育において最も大切なのは個人の成長を「信じて待つ」ことです。

未来の時代の人間への畏敬の念を持って子どもに接することです。

 

まだ息子は5歳なのです。

他の5歳は……と比べてしまっても、そんなことに意味はありません。

控えめに言っても一般的でない育て方をしている息子が、一般的な5歳と同じになるわけがないのです。

そして本来、人間はそれくらいひとりひとり違うものなのです。

 

私が息子に色々と諭す時、実のところそこには息子をどうにか思い通りに動かしたい、コントロールしたい、世間一般の枠に収まって欲しいという念が入り込んでいたように思います。

あるいは息子は、その念を察知して反発していたのかもしれません(子どもは自分の人生をコントロールしようとする大人に対して極めて敏感です)。

 

そして先日、息子がカッとなった時に、私が本当に心から「息子をどうにかしたい」などと思わずにごく自然に声をかけると、スッと息子が平静に戻ったのです。

 

たまたまかもしれませんけどね。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント