【絵本の紹介】「きいろいのはちょうちょ」【310冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

年度末で何かと忙しく、最近ちょっと更新頻度が減っております。

4月中旬くらいからはまた週3〜4くらいのペースに戻したいと思っております。

 

バタバタしているうちに世間はだんだん春めいてきていますね。

花粉も飛んでるし。

 

今回は五味太郎さんの楽しいしかけ絵本を紹介します。

きいろいのはちょうちょ」です。

作・絵:五味太郎

出版社:偕成社

発行日:1983年4月

 

鮮やかな色彩の中に一点、黄色いちょうちょの形。

虫取り網を持った男の子が、「きいろいのは ちょうちょ」と呟きながらこの「きいろいの」を追いかけます。

ところが網をかぶせてみると……。

あれれれ ちょうちょ じゃない

 

黄色い部分は穴あきになっていて、ページをめくるとそこが黄色い他の何かに変わるというしかけ。

ちょうちょの形は前ページに重なると別の色、別のものになります。

上のカットではおじさんが読んでいる本の人物のサングラスになってます。

 

同じ五味さんの作品「まどからおくりもの」と同様の手法ですね。

 

≫絵本の紹介「まどからおくりもの」

 

何度も予想を裏切られ、だんだん自信がなくなってくる男の子。

言い回しの変化にも注目です。

 

最後は黄色いのを見ても「もう ぜったいに ちょうちょ じゃない……」と見送ります。

でも、それはもちろん……。

 

★      ★      ★

 

愉快で独創的な絵本を次々に発表する五味さん。

こうしたしかけ絵本以外の作品でも実験的な試みをされており、絵本の構成そのものに対する挑戦心、探究心を感じさせます。

 

日本を代表する絵本作家さんですが、コラムや絵本論なども非常に面白いのでおすすめです。

作風同様、なかなか革新的で世間一般の常識に囚われない考えの方で、時には(いわゆる常識人からは)過激に見られる発言も飛び出します。

 

五味さんは「世の中はこうしたもの」という凝り固まった大人に辟易しており、そんな五味さんから見ればおかしな思い込みや陋習に対して「こんなやり方でもいいんだよ」「こうしたって構わないんだよ」と自由で風通しのいい生き方をさらりと提示します。

それが彼の囚われない絵本作りにも表れているのでしょう。

 

固定概念から自由になるということは口で言うほど簡単ではありません。

きいろいのは どうしたって ちょうちょ」と思い込んで走り回る男の子は、経験を経て、「きいろいのは ちょうちょ じゃない」と見切りますが、実はそれがちょうちょ。

 

つまり男の子は「固定概念には騙されない」境地に立ったように自分で思っていても、それは単に「AからB」の見地に移動しただけのことなのです。

彼が真に自由で柔軟な判断力を身に付けるには、まだまだ修行が必要、ということでしょうか。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

変化の楽しみ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きいろいのはちょうちょ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント