【絵本の紹介】「ゴムあたまポンたろう」【308冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「ゴムあたまポンたろう」です。

作・絵:長新太

出版社:童心社

発行日:1998年3月25日

 

どうですか。

破壊力抜群のこのタイトル、そしてこの表紙絵。

説明不要の長新太ワールド全開作品です。

 

長新太さんのナンセンス絵本を取り上げることは実に久しぶりですね。

これまで何度かにわたって彼の世界を読んできました。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

≫絵本の紹介「チョコレートパン」

≫絵本の紹介「ぼくのくれよん」

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

まだまだ紹介したい長新太作品はあるけれど、結局過去記事の繰り返しになりそうで悩ましいところです。

だいたい、あれこれ解釈したり分析したりすること自体、長さん絵本を「わかってない」ような気すらするのです。

そういう凡人の賢しらを超越したところに彼の絵本は存在します。

 

かと言ってもそれはお高く止まった芸術家とはまったく無縁の、限りなく温かいものです。

だから私も性懲りもなく長さんの作品について語ることができるのです。

 

今回はピンクを基調にした色使いで、丸いスキンヘッド頭で直立不動の姿勢で空中飛行する主人公が描かれます。

その名も「ゴムあたまポンたろう」。

もう、この名前がすべてを表しています。

この少年は頭(だけ)がゴムでできているという、某人気漫画の主人公みたいな能力者。

しかし、その特性の使い方はひたすら受動的。

 

ゴムの弾力の続く限り飛んで行って、頭から墜落してまた反動で飛び上がる、を繰り返すだけ。

落ちて行った先には大抵ヘンなものが待ち構えていて、何だかハラハラします。

ポンたろうはどんなものに当たっても痛くないそうですが、一応飛び上がるには条件があるようで、柔らかいものや尖ったものは苦手。

でも、オバケに当たった時はちゃんと飛ぶんですな。

 

最後はゴムの木の枝で一休みします。

 

★      ★      ★

 

ポンたろうの目的はよくわかりませんが、どうやら彼は旅行しているようです。

色々心配もしつつ、途中の景色や花の香りを楽しんでいるみたいです。

 

しかし、この旅行はやっぱり「受け身」であり、風まかせ(ゴムまかせ?)といった気配です。

してみると、これは長さん流の「ヒッチハイク絵本」なのかもしれません。

 

行先に何が待ち構えているか次第で移動距離や方角が変わったり、時にはヒヤヒヤしたり。

そんなトラブル自体を驚き楽しむ放浪者としてポンたろうは旅を続けていくのでしょう。

 

そして相変わらず、長さんの描く世界はどこまでも広々として開放感があります。

読んでいると、普段の凝り固まった思考や感情からポーンと解き放たれる気がします。

 

読者の頭も柔らかくて弾力に富んだ「ゴムあたま」に変えてしまう一冊です。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

出オチ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゴムあたまポンたろう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント