子どもの弱視治療経過

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

息子が近視による弱視と診断され、治療用眼鏡をかけ始めたのが去年の暮。

 

≫子どもの弱視について

 

それから、月に一度眼科で経過を調べてもらっています。

治療には数年かかることもあり、長い目で見る必要がありますが、眼鏡をかけ始めてひと月で、息子は近くのものは1.0の視力で見ることができるようになりました。

「近くのものは」というのは、弱視とはそもそも屈折異常によりピントが合わせられない病気のため、息子は近視と言っても近くのものですらピントが合ってなかったのです。

 

それがひと月で1.0まで視力が出たわけですから、まあまあ良かったと思えます。

ただし、視力が出るのは近くだけで、数メートル離れるともうちゃんと見えていないようなのです。

 

妻はこれを心配しまして、どうにか息子に「遠くのものをじっと見る」練習をさせようと頑張っています。

しかし、息子はほんのわずかな時間ですら、遠くのものを見続けることをしようとしないんですね。

すぐ目を逸らしてしまう。

 

練習しないと見えるようにならないよ! と妻は度々言い聞かせ、最後には怒ってしまうことの繰り返し。

でも息子本人はあっけらかんのカー。

 

「何かを強制される」ことに絶対に我慢できない息子ですから、妻が怒って練習させようとすればするほど逆効果なのかもしれません。

まあ、まだまだ始めたばかりだから、根気よく構えるつもりです。

 

息子は今5歳で、あと一年とちょっとで小学校です。

実は入学前の一年間だけでも保育園に入れて他の子どもたちと生活させてみようか……と考えて、見学もしたんですが、その直後に弱視のことがわかって、やっぱりやめにしました。

 

もちろん保育所には眼鏡をかけた子どももいますし、保育士さんもちゃんと理解してくれています。

でも、どうしても預けないといけないわけではない以上、やっぱり家で見てたほうがいいだろうという結論に達しました。

 

「幼稚園や保育所に行ってないから、他の子と同じように遊ばないのかな」という推測が、根本的に間違っていた可能性が高くなりましたし。

たまたまかもしれませんけど、眼鏡をかけるようになってから、急に知らない大人を相手によく喋るようになった気もします。

やっぱり相手の顔も見えてない状態では喋りづらかったのでしょうか。

 

またぼちぼちと治療の経過については記事にしていこうと思っています。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント