【絵本の紹介】「ごきげんならいおん」【304冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「ごきげんならいおん」です。

作:ルイーズ・ファティオ

絵:ロジャー・デュボアザン

訳:村岡花子

出版社:福音館書店

発行日:1964年4月1日

 

ルイーズ・ファティオさんとロジャー・デュボアザンさんによる夫婦共作絵本。

彼らによるクリスマスの名作「クリスマスの森」を翻訳して柿本幸造さんが挿絵を差し替えた「サンタおじさんのいねむり」という作品を以前取り上げました。

 

≫絵本の紹介「サンタおじさんのいねむり」

 

やや長めの文章と、示唆に富んだ物語から、5、6歳〜小学校中級向きの絵本です。

デュボアザンさんの絵本は自分で文を書いたものも含めて、割とそれくらいの年齢向きの作品が多いです。

 

だから、有名な作品であるにもかかわらず、うっかりすると読む時期を逸してしまいがちな絵本でもあります。

絵本はいくつになったって読んでもらえば楽しいし、自分で読んだって少しもおかしくはない芸術作品なのだということを、もっと子どもたちに伝えていければと思います。

 

さて、内容に入ります。

 

美しいフランスの町中の公園内にある動物園に住む「いつもごきげんな らいおん」。

堀をめぐらした岩山を住居とし、町の人々からも愛され、夏になると同じ公園内の野外音楽堂から流れるワルツやポルカを楽しみ、自分の境遇に心から満足しています。

ある朝、らいおんは飼育係がうっかり戸を閉め忘れているのに気づきます。

らいおんはちょっと考えて、せっかくなのでいつも自分に挨拶してくれる町の人たちに会いに行こうと考えます。

いつも むこうから きてくれるのだから、きょうは おかえしにでかけなくちゃ」。

 

町に繰り出すらいおん。

顔見知りの「デュポンこうちょうせんせい」や「三にんの おばさん」「パンソンおばさん」といった人たちに会うたびに、らいおんは礼儀正しくお辞儀をして挨拶をするのですが、彼らはみんな、らいおんを見ると気絶したり逃げ出したり買い物袋を投げつけたり。

楽隊に近づいて行っても大騒ぎが起こります。

らいおんは困惑し、「このまちのひとたちは どうぶつえんに こないときは、いつも こんなふうにしてるんだな」と考えます。

 

一人くらいはまともに挨拶できる友達はいないものかと歩いて行くと、消防自動車が飛び出してきて、消防士たちが太いホースを手に、そろりそろりとらいおんに近づいてきます。

らいおんは何が始まるのかと思って黙って見ています。

 

すると突然後ろから声をかけられます。

やあ、ごきげんな らいおんくん

 

振り向くと、「しいくがかりの むすこの フランソワ」が立っています。

やっと普通に声をかけてくれる友達に会えたらいおんはすっかりごきげんになり、フランソワと一緒に公園へ帰るのでした。

 

★      ★      ★

 

あわや、というところでのフランソワの登場には心からほっとさせられます。

いつの時代も大人は偏見と先入観に囚われ、子どもは本質を見抜くものです。

 

そういう風刺的な物語でもあるのですが、一方、この「ごきげんならいおん」はあまりにも己が他者からどう見られているかを知らず、無邪気すぎるとも言えます。

けれど、この体験を経た後のらいおんの態度は見事なものです。

 

自分が堀の中の家にいさえすれば、会いにやってくる人々は行儀よく理知的に振る舞うのならば、らいおんはもう家から出て行こうとは思わないのです。

「自由に振る舞う」ということは、必ずしも正味の自分をさらけ出して我を押し通すことではないのです。

 

このらいおんは自分にとっての幸せが何かを知っており、外的な価値観や偏見に左右されることがありません。

「動物園の動物は幸せと言えるのか」という問いや、「動物は野生に帰るべきだ」という声も、このらいおんには関係ありません。

 

外的に迫ってくる「こうあらねばならない自分」という概念から自由であること。

それこそが真に自由な精神であり、幸せに生きるための秘訣でもあるのです。

 

続編≫「三びきのごきげんならいおん」

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

飼育係失格度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ごきげんならいおん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント