【絵本の紹介】「くまのコールテンくん」【303冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私の仕事場には絵本のキャラクターたちのぬいぐるみがいくつも飾られています。

好きなものに囲まれているとテンションが上がります。

 

息子も割とぬいぐるみ好きです。

 

しかし、子どものぬいぐるみの愛し方は大人のそれとは違いがあるようです。

大人はやっぱり大事に綺麗に飾っておきたがるものですが、子どもにとってぬいぐるみは飾るものではないんですね。

 

常に引っ張り倒し、いじりたおし、こねくり回します。

時には乱暴な扱いに見えても、それが子どもにとってのぬいぐるみの可愛がり方なのでしょう。

 

今回は「くまのコールテンくん」を紹介します。

作・絵:ドン・フリーマン

訳:松岡享子

出版社:偕成社

発行日:1975年5月

 

ビロードうさぎ」や「こんとあき」と並んで「子どもとぬいぐるみの絆」を描いた名作です。

 

≫絵本の紹介「ビロードうさぎ」

≫絵本の紹介「こんとあき」

 

コールテンくんは、大きなデパートのおもちゃ売り場に陳列されているくまのぬいぐるみ。

他のぬいぐるみや人形たちと同様、早く誰かのうちに連れて行ってもらえるのを楽しみにしています。

ある日、母親に連れられた女の子が、コールテンくんに目を留めます。

あたし、ずっとまえから こんな くまが ほしかったの

 

でも、母親はコールテンくんのズボンのボタンが取れているのを見て「しんぴんじゃないみたい」と買ってくれません。

がっかりしたコールテンくんは、夜になってからボタンを探しに行くことにします。

 

深夜、誰もいなくなったデパートで、コールテンくんはこっそり動き出します。

エスカレーターに乗ったり、家具売り場に迷い込んだり。

 

コールテンくんは初めての冒険に興奮しながら、最後は売り物のベッドに付いているボタンを引っ剥がそうとして電気スタンドを倒してしまいます。

音を聞きつけた警備員のおじさんが飛んできます。

ベッドの上のコールテンくんを見つけて、

こいつあ おどろいた! どうして おまえが、こんなところに いるんだ?

と、コールテンくんを元の棚に戻します。

次の朝、デパートが開くと同時に昨日のリサという女の子が来店します。

コールテンくんを見つけてにっこり笑い、

あたし、あなたを つれに きたのよ

 

リサは自分の貯金をおろしてコールテンくんを買いに来たのでした。

彼女はコールテンくんを箱にも入れずに抱いて帰り、ズボンのボタンを付けてあげます。

 

★      ★      ★

 

フリーマンさんの絵がとても素敵です。

はっきりした線と色で、どのカットからも生き生きとした動きが読み取れます。

 

一枚の絵からコールテンくんの動きの先までちゃんとわかるのです。

コールテンくんや他のデパートのぬいぐるみたちの微妙な表情の変化が、子どもにとってのリアリティを生んでいます。

 

ぬいぐるみたちはあくまで物言わぬ存在として描かれる一方で、最終シーンではリサとコールテンくんは会話を成立させています。

リサもコールテンくんも、「ずっとまえから……してみたかったんだ」という言い回しを繰り返しますが、最後に二人の願いが通じ合うのです。

「運命の出会い」というものは「ずっと前から待っていた」誰かに巡り会うことですが、ぬいぐるみと子どもには確かにこの「運命の出会い」が存在するのでしょう。

 

私が持っていた「こぐまちゃんとしろくまちゃん」のぬいぐるみはすっかり息子のお気に入りとなり、しょっちゅう話しかけています。

何故か何度直しても服は全部脱がせてしまうし、放り投げるし、折り曲げるし……。

 

壊されそうでハラハラしてしまいますが、これも息子の成長に必要なことなのだろうと、今はもう諦めています。

あるいはそれこそが正しいぬいぐるみの可愛がり方なのかもしれません。

 

でも、新しく買ったぬいぐるみたちは、息子に見せずに仕事場に飾ることにしています。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

絵と物語と人物の素直さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くまのコールテンくん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント