【絵本の紹介】「バムとケロのさむいあさ」【302冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日は火曜日。

今回はおなじみ「バムケロ」シリーズ3作目にして寒い火曜日のお話。

バムとケロのさむいあさ」を紹介しましょう。

作・絵:島田ゆか

出版社:文渓堂

発行日:1996年9月

 

≫絵本の紹介「バムとケロのにちようび」

≫絵本の紹介「バムとケロのそらのたび

 

時代を感じさせない絵本というものは数多くありますが、島田さんの絵本って特にそうなんですよね。

外国絵本っぽい雰囲気とか、独特のキャラクター造形とか、ハイセンスな小物描写とか、そうした要素が相まって「年を取らない絵本」が生み出されているのでしょう。

 

ちょっと確認してみると、この「バムとケロ」シリーズは「バムとケロのにちようび」が1994年に発表されて以来、年に一冊というペースで刊行されていたんですが、4作目からペースががくんと落ちまして、現在のところの最新作「バムとケロのもりのこや」は2011年の出版になってます。

 

つまり20年近い時間が経過しているにもかかわらず、絵柄がほとんど変化していません。

どの作品から読み始めても、どれが新しくてどれが古いか、ぱっとはわかりません。

 

島田さんの画力が最初から高レベルで完成されていたとも言えますが、この「ずっと同じ絵柄で描かれ続ける安心感」のようなものが、何年たっても古く感じない作品の秘密かもしれません。

 

とっても寒い火曜日の朝。

バムとケロ(ヤメピも)は、スケートと釣りの道具を持って「うらの いけ」に出かけます。

すると、かちんかちんに凍った池に、あひるが凍り付いて動けなくなっています。

バムたちはあわててあひるを救助し、お風呂に入れて温めてやります。

このちょっととぼけたあひるの名前は「かいちゃん」。

天体観測が趣味らしく、夜の間に池で星を見ている間に凍り付いてしまったそう。

 

新しいお友達が来たことが嬉しくてしかたないケロちゃんは、家じゅうのおもちゃを見せようとしたり、どこまでもかいちゃんに付きまとったり、ついには……

こんなことまで。

相変わらず罪のないケロちゃんの行動の数々。

おかしいけれど、いかにも子供らしくもあってほっこりします。

 

けれども次の朝にはかいちゃんはいなくなっており、ケロちゃんはショックで泣きっぱなし。

でも、もう一度池に行ってみると……。

 

★      ★      ★

 

トイレに入ったかいちゃんにまで付いてくるケロちゃん。

うちの息子も、いまだに私や妻がトイレに入ると、とりあえずドアの前に立ちます。

 

実際にやられるとウザいんですが、絵本で見ると可愛い。

バムの寛大な包容力があればこそですが。

 

絵柄は変化しなくても、絵の楽しみ・緻密さ・情報量はシリーズを重ねるごとに増えているように思います。

テキストには登場せずとも常にバムケロと行動を共にする「ヤメピ」、もっと目立たないけどちゃんといる「おじぎ」の行動を追うのはお約束ですよね。

 

冬の天体観測、私はやったことはないんですが息子が星が大好きですので、近いうちに天文台に連れて行こうと思ってます。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

かいちゃんの無抵抗度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「バムとケロのさむいあさ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント