【絵本の紹介】「かにむかし」【299冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

自分でも楽しみながらやってきたこの絵本紹介も、ついに299冊目ですか。

うん、まだまだ行けますね。

1000冊目くらいまではネタに困りそうにないです。

 

今回は日本昔話絵本。

木下順二さん再話・清水崑さん絵による「かにむかし」を紹介しましょう。

文:木下順二

絵:清水崑

出版社:岩波書店

発行日:1976年12月10日

 

別名「猿蟹合戦」、誰でも知っている昔話ですが、例によってストーリーの細部は地方・時代・再話者によって様々に異なります。

日本昔話史上に残る猟奇残虐復讐譚「かちかちやま」と同様、「復讐」のカタルシスが物語の芯になっており、それゆえに現代では色々と物議を醸している作品でもあります。

 

≫絵本の紹介「かちかちやま」

 

この「かにむかし」は、木下さんによる方言を使ったリズミカルな文章と木下さんの筆絵(やっぱり日本昔話には筆が合います)、それに縦30センチ、横25・5センチという大きさが特徴のロングセラーです。

 

「猿蟹合戦」絵本の中ではかなりポピュラーな一冊なんですが、実はその内容はかなりオリジナリティに溢れ、少なくとも王道とは呼べないものになっています。

 

まず、物語の発端はかにが柿の種を拾うところから。

他の絵本では大抵描かれる、さるとの「握り飯のトレード」はカットされています。

かには自分の庭に種をまき、「はよう 芽をだせ かきのたね、ださんと はさみで ほじりだすぞ」。

と、ここは定番の文句を歌いながら、三度に亘る繰り返し構成にて柿の木の成長を見せます。

 

作物に対する愛情の無さは措くとして、子ども心にも楽しい前半の山場です。

「ほじくる」とか「ぶったぎる」とか「もぎりきる」という言葉の響きが、幼い子には無条件にウケます。

 

さて、いざ柿の実が生っても、かには木に登ることができないで難渋します。

そこではじめてさるが登場。

柿の木に上り、自分だけが柿を食い、下からせがむかにに向かって青い実をぶつけて殺害。

 

ここも再話者によってニュアンスが変化する箇所でして、裁判では問題となる「明確な殺意」がさるにあったかどうか微妙な描き方をする作家もいます。

ただ青い実を放ったら、たまたまかにに命中して死んでしまった、というような。

この絵本ではさるの心情は描かれませんので、そのあたりは謎です。

 

さあ、死んだかに(♀)のお腹から生まれた無数の子がにたち。

なんと、「にっぽんいちの きびだんご」というアイテムを使い、成長し、親の仇討ちに乗り出します。

 

≫絵本の紹介「ももたろう」

 

これは木下さんの独創でしょうか。

管見の限り、「きびだんご」が登場する「猿蟹合戦」は読んだことがありません。

そして、この昔話を最も楽しいものにしてくれる、数々の奇妙な助っ人たちも、「きびだんご」を貰うことで仇討ちに加勢することになります。

「ぱんぱんぐり」「はち」「うしのふん」「石うす」。

で、もう一体「はぜぼう」なる棒っきれも仲間になります。

これも、他作品ではあまり馴染みのないキャラクターです。

 

子がにたちは大挙してさるの家に押しかけ、さるの留守中にそれぞれの持ち場に待機。

帰ってきたさるは、くり→子がに→はち→うしのふん→はぜぼう→石うすの順に制裁を受けます。

ここは見開きの絵で先に見せておいて、後から文章の補足が入るというスタイル。

ラストも作品によって様々で、さるが完全に死亡するもの、痛めつけられるが命だけは助かるもの、反省して仲直りするものなどに分かれますが、ここではさるは「ひらとう へしゃげて」しまったということで、生死は不明です。

 

★      ★      ★

 

「かに」は農民、庶民、「さる」は年貢を取り立てる権力者として解釈されることもあり、「搾取される民の怒り」を描いた民話として読むこともできます。

そういった形式の昔話は海外にもあります。

 

≫絵本の紹介「ランパンパン」

 

問題視されるのは昔話特有の残酷性で、親がにの理不尽な死があるにせよ、さるに対する執拗すぎる復讐劇は「スカッとする」よりも「嫌悪感」を抱いてしまう読者も多いのでしょう。

子どもに見せるにはあまり相応しくない、との見方もあります。

 

ゆえにここを改編した作品も多いわけですが、さるとかにが仲直りするようなラストには「ぬるい」「過保護」との批評も上がります。

 

しかし、それらはすべて大人の目線です。

子どもが問題にするのは「おもしろいか、そうでないか」だけです。

 

その意味で、この昔話が圧倒的人気を保ち続けているのは、究極に洗練された物語構成や小道具や演出の力だと思います。

起承転結がはっきりしており、前半・中盤・後半のすべてが繰り返しのパターンとリズムを持っています。

 

柿の木の成長とかにの歌の滑稽さ、仇討ちに加勢する仲間たちの奇抜さ、さるへの攻撃布陣のワクワク感。

それらを破壊しなければ、この物語は必ず面白くなります。

もちろん、絵の力は重要です。

 

そもそも昔話のいいところは「原作者不明」で「著作権がない」ことで、時代によってどんどん改編されること自体は私は悪いとは思いません。

そうやって数多の脱皮を繰り返すことで、昔話は洗練され、今日まで生き残ってきたからです。

 

さて、次はいよいよ300冊目の絵本紹介。

何をやるかはもう決めてます。

お楽しみに。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

牛糞のそのまんま度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かにむかし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント