【絵本の紹介】「くじらの島」【297冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

6434人の死者を出した阪神淡路大震災は、今日で発生から24年となりました。

今回はあの震災で亡くなった童話作家・なるみやますみさんが遺した物語に、末崎茂樹さんが絵を添えて出版された絵本を紹介します。

くじらの島」。

作:なるみやますみ

絵:末崎茂樹

出版社:ひくまの出版

発行日:1997年6月

 

なるみやさんは1964年生まれということですから、30歳そこそこの若さで命を落としたことになります。

娘さんを遺し、夫と共に震災の犠牲となりました。

この絵本を含め、何冊かの作品が没後に出版されました。

 

この「くじらの島」は、一見楽しい冒険メルヘンのように思えますが、最後まで読むと胸が詰まるような切ない、しかしどこか厳粛で美しいラストシーンに辿り着きます。

作者があまりにも早く亡くなられたことを思い起こすと、この絵本に込められた非常に強いメッセージ性に改めて胸を衝かれる気がします。

 

まだ子どもなのに、普通のくじらが十頭集まってもかなわないくらい大きなくじらの「ノロ」。 

それだけ巨大なら、さぞかし仲間から頼られ、畏れられているだろうと思いきや、ノロは仲間はずれのいじめられっこ。

母親でさえ「どうしてこんなに大きくなっちゃったんだろうねぇ」と持て余し気味。

でも、ノロはとてもやさしい心の持ち主で、自分が巨大すぎるゆえに周囲への迷惑を考えて遠慮ばかりしているのです。

いくらいじめられても仕返しなど考えもしないどころか、自分が群れの足を引っ張っていると考えたノロは、ある夜にそっと群れを抜け出し、旅に出ます。

広い世界のどこかには、自分を受け入れてくれる友達がいるかもしれないという希望を抱いて。

けれども、あまりにも大きすぎるノロはどこへ行っても怖がられ、化け物扱い。

たった一羽、自分を怖がらずに話しかけてくれた渡り鳥に話を聞き、ノロは楽園のような南の島を目指すことにします。

 

辿り着いた島は本当に美しい場所でした。

ところが、島の動物たちは化け物くじらがこの島を狙っていると思い、一斉に石をぶつけます。

かえれ! かえれ!

浴びせかけられる罵声と怒声。

 

ノロの弁解も、渡り鳥の擁護も、島の動物たちは聞く耳を持ちません。

とうとうノロは涙を流しながら島に背を向けます。

傷ついたのは身体よりも心でした。

 

その後、辺りの海はひどい嵐に見舞われます。

自暴自棄になって雨に打たれていたノロのもとに、あの渡り鳥が飛んできます。

たすけて。島のみんながたいへんなの

 

必死の懇願に、死にかけていたノロの心に熱い気持ちが蘇ります。

ノロは島に引き返し、大波に呑まれそうになっている動物たちを自分の背中に乗せ、懸命に嵐の中を泳ぎます。

 

やっと嵐が去った後、島の動物たちが口々に感謝と謝罪の言葉をかける中で、ノロはそっと目を閉じます。

力尽きたノロは、そのまま二度と目を開きませんでした。

打ちひしがれる動物たちの前で、ノロの背中から、小さな白い花が咲きます。

 

時が流れ、今ではノロの体は花でいっぱいの島となり、動物たちの楽園となりました。

 

★      ★      ★

 

巨大さ・強さゆえに異端視され、恐怖心から疑心暗鬼に駆られた大衆から迫害される様は、ガリバーを思わせます。

しかし、この切なすぎる結末には「本当にこれでよかったの?」と呟きが漏れてしまいます。

 

当節、聖人のごときノロのキャラクターは一般的に支持されないような気がします。

今の世の中は「黙っていい人」でいれば際限なく追い立てられ、利用され、居場所すら奪われてしまいかねません。

 

個人的な印象ですが、昨今「復讐」をテーマにした様々な作品を目にします。

世間はただ黙って耐える「いい人」な被害者には冷淡で、加害者を徹底的なまでに攻撃し、破壊し、自らの罪を骨身に沁みてわからせるといった物語に喝采を送るようです。

 

確かに世の中には裁いても裁ききれないような悪が存在し、放っておけばどんどん浸食してくるように思えます。

「いい人」でいるだけではダメだ、という声が出てくるのも当然の流れかもしれません。

 

しかし翻って、「悪に正義の鉄槌を」と叫ぶ人々に埋め尽くされた世界を想像してみると、それはそれで地獄のような気もします。

 

身をもって「平和と愛」を示したノロの自己犠牲は、現代では評価されない行為かもしれません。

けれども、自らが震災による尊い犠牲となった作者を思う時、この結末は動かしがたいものとして心に響くのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

聖人度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「ゆずちゃん」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くじらの島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント