サンタさんは信じてるけど、「いい子」にはならない息子

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

クリスマスも終わり、いよいよ2018年もあとわずか。

28日〜新年7日までの間、当店は出荷作業をお休みさせていただきます。

ご注文は常時受け付けておりますが、休み期間中の受注分の発送は8日からになりますので、ご了承ください。

 

さて、我が家の息子も5歳になり、クリスマスプレゼントに期待するようになりました。

去年までは受動的だったんですが、今年はかなり前から「クリスマスにほしいもの」リストを作成しておりました。

ラジコン飛行機、デジカメ、携帯、スマホ……やっぱり普段触れない電子機器がメインに。

絵本や児童書は頼まずとも勝手にこっちがどんどん入荷してくるので、特別なプレゼント感はないんでしょうね。

 

しかし、そもそもこの子、サンタさんを信じてるんだろうか? という疑惑が私の中にありました。

普段から図鑑ばっかり読んでて、「サンタさんがそりに乗ってプレゼントを持ってくる」というファンタジーを果たして受け入れるのかな、と思ったんです。

大好きな漫画の「ドラえもん」には、わりとはっきりとサンタがいないことを前提にしたエピソードもありますし。

 

でも、どうやらそれはそれ、ということらしいです。

今年はサンタさんへの贈り物(折り紙)や手紙を用意するなど、待ち遠しさを見せていました。

 

私としては別に息子がサンタを信じようが信じまいがどっちでもいいんですけど、決まり文句的に使われる「いい子のところにはサンタがくる」という言い回しはなるべくなら使いたくありません。

それは裏を返せば「いい子にしてないとサンタさんが来ないよ!」という大人の脅迫でもあるように思うからです。

 

しかしまあ、サンタさんのパワーを借りたくなる親の気持ちはよくわかります。

これまで度々書いてきましたが、息子は寝るのが大嫌いです。

多少はましになりましたが、いまだに就寝時間は安定しませんし、自分から寝ようともしません。

ちょっと油断するとすぐに夜型生活になってしまいます。

 

で、この前、「クリスマスにほしいもの」リストを嬉々として綴っている息子に対し、妻が「夜に寝ないとサンタさんは来ないよ!」と脅しちゃったんですね。

これは息子にとっても重大問題だったらしく、かなり考え込んでいた様子でした。

 

そして次の日、息子は自分なりに結論を出しました。

じゃあ、もうプレゼントは諦めるしかないね

 

えええ。

 

そこまで寝たくないの?

もうそれ以上何も言えない妻でしたが、実は内心で私は「こいつ、カッコイイな」と拍手を送っていました。

 

内容は褒められたものではないにしろ、息子は大人の利益誘導に乗せられなかったわけです。

バカバカしい話に思われるかもしれませんけど、これはある意味で私が目指してきた育児の正しい成果とも言えます。

ま、かと言って本当にあげないわけにもいかないので、クリスマス当日にはちゃんと枕元にプレゼントを置いておきました。

ちなみに息子が寝たのは深夜2時。

 

サンタクロースからの手紙も添えたんですが、そこで私もささやかな誘導を試みて、内容に「来年も来るから、ちゃんと夜に寝るようにしようね」という一文を添えてみました。

 

朝起きた息子はプレゼントと手紙を発見して大いに感動。

でも、例の手紙を読むと、黙ってペンを持ってきて、「ちゃんと夜に寝るようにしようね」の部分に線を引いて消してしまいました。

 

腹立つくらいカッコイイな、もう。

メリークリスマス。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント