【絵本の紹介】「14ひきのさむいふゆ」【293冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

早いもので、今年も終わりが近づいてきました(ついこの前このセリフを言ったような気がするのに、もう1年たったんですね)。

今年の冬は息子に雪遊びを体験させようと考えているんですが、大阪では全然と言っていいくらい雪が降らないので、ちょっと近所で……という訳にはいきません。

今年はもう無理なので、来年の1月か2月にと思っています。

 

雪遊びに限らず、自然の中での遊びを子どもに体験させたいと考えている親は多いはず。

けれども、都会に暮らしているとそういう機会を作ること自体が難しくなります。

 

今回は読むたびに自然に近い暮らしへの慕情をかき立てられる「14ひき」シリーズより、「14ひきのさむいふゆ」を紹介します。

作・絵:いわむらかずお

出版社:童心社

発行日:1985年11月1日

 

わりと久々の登場ですかね。

このシリーズは四季に応じた生活の中の楽しみや幸せを感じさせてくれます。

 

≫絵本の紹介「14ひきのひっこし」

≫絵本の紹介「14ひきのぴくにっく」

≫絵本の紹介「14ひきのかぼちゃ」

 

自然と一口に言っても様々なイメージが湧きますが、いわむらさんの描く自然は日本の里山風景で、それだけになおさら懐かしさや温かさがページから伝わるのでしょう。

 

でも、今回は冬のお話ということで、家の中での14ひきの暮らしが中心になっています。

雪に降り込められて、外に出れない14ひき。

暖かい色の部屋で、お父さん、おじいさんを中心にした男の子グループが何やら作っています。

薪ストーブがいい感じ。

 

一方お母さんたちは台所でふかしまんじゅうを作っています。

みんなでおやつを食べ、自作のボードゲームに興じます。

これだけ人数がいたら楽しいでしょうね。

大家族の醍醐味。

雪が止んでお日さまが顔を出すと、みんなは外でそり滑り。

これもDIY。

 

冷たい雪の上でも、身体はぽかぽか。

 

★      ★      ★

 

14ひきの暮らしの精神的豊かさは、何かひとつの遊びに対しても、手間暇をかけている点にあります。

現代の都会では何でも商品として手に入るので、もちろん便利ではあるんですが、どこか味気なさも残ります。

 

この絵本には自然の厳しさという側面はあえて描かれていないのですが、当然のことながら自然の中で過ごす冬は楽なものではないでしょう。

ああ、14ひきみたいな暮らしっていいなあ」と思っても、現実的には都会に慣れた現代人には無理なことでしょう。

 

しかし、だからと言って「どうせ無理」と諦めてしまうのではなく、少しでも「いいな」と感じたのなら、できる範囲でやれることを試してみる姿勢は必要だと思います。

この絵本の中で作られているそり、ゲーム、饅頭、どれもやろうと思えば自宅でも作れるものばかりです。

 

面倒くさがらずにやってみるうちに、追い立てられるような都会暮らしの中で忘れていた心の余裕や、知らなかった喜びに出会えるかもしれません。

 

ちなみに、今作でもっとも気になるところの「とんがりぼうしゲーム」は童心社からグッズとして販売されています。

でも、やっぱり自分で作りたいですよね。

 

私も、もちろん作りましたよ。

でも、息子と二人でやってても面白くない……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

やってみたくなる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「14ひきのさむいふゆ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント