【絵本の紹介】「羊男のクリスマス」【290冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

12月になりましたね。

色々と忙しい時期ですが、健康には気を付けて、気分良く新年を迎える準備をしましょう。

 

さて、今回もクリスマス絵本を取り上げます。

村上春樹さんと佐々木マキさんによる共作絵本「羊男のクリスマス」です。

作:村上春樹

絵:佐々木マキ

出版社:講談社

発行日:1985年11月25日

 

村上さんについては、今さらここで説明するまでもないでしょう。

毎回ノーベル文学賞の候補に挙げられる世界的人気作家で、絵本の翻訳の仕事もされています。

その独自の作風と文体、不思議な世界は多くの読者を魅了する一方、「難解」「意味不明」という批評の的にもされがちです。

 

私自身は村上作品にさほど通暁しているわけではないので、彼の作家性について語るのは自信がありません。

ただ、個人的には小説であれ、絵本であれ、映画や音楽であれ、「難解なもの」は嫌いではありません。

 

一見すると単純だけど読みかたによっては複雑な構造の絵本というものは実は結構たくさんあります。

そうした作品を読むとき、読者一人一人の「読み」が試されることになります。

そのスリリングさがひとつの楽しみだし、作品について誰かと語りたくなる要素でもあります。

 

村上さんの作品の人気の理由は、そうした点にもあるのではないでしょうか。

もちろん、いわゆるミステリーと違い、村上作品の多くは結末がはっきりしない「オープンエンド」で、「謎」についての「答え合わせ」ができないというフラストレーションは残ります。

 

けれども、単一の読解に落とし込めないからこそ、その作品は多くの読者に対して開かれているとも言えます。

絵本の読み方だって、解釈に正解も不正解もないし、どう読んだってそれは読者の自由な権利なのです(面白い読み方とつまらない読み方はありますけど)。

 

さて、そんな一筋縄では行かない村上さんをして、「ぼくにとっての永遠の天才少年」と言わしめたのが、我らが(?)佐々木マキさんです。

以前の記事でも触れましたが、佐々木さんの前身は漫画家で、それもとびきりヘンテコで実験的な漫画を描いていました。

一種の狂気すら感じるその前衛的作品に、1960年代の若者たちから熱烈な支持者が続出しました。

 

≫絵本の紹介「やっぱりおおかみ」

 

村上さんもそんな若者の一人で、大学時代に佐々木さんのデザインしたビートルズのポスターを街角から盗んでしまったほど。

そして自身が作家となった時、「風の歌を聴け」という最初の小説の挿絵を是非にと佐々木さんに依頼したのでした。

 

そんな村上さんですから、佐々木さんと共作で絵本を作ることになった時、まずは「何でもいいから絵を描いてください」「その絵を見て話を考えます」と佐々木さんに言ったそうです。

そこで佐々木さんが描いたのは「灯台の近くで眠っているクジラ」と「等身大のテディベアが女の子とたわむれている」絵。

そこから村上さんが作り出した物語が「羊男のクリスマス」というわけです(クジラもテディベアも出てこないけど)。

 

ちょっと前置きが長くなり過ぎたので、手早く内容に入りましょう。

絵本と言っても漢字は普通に出てくるし、文章も長いです。

 

クリスマスのための音楽の作曲を依頼された「羊男」。

しかし、家主に妨害され、クリスマスまであと四日となっても曲はできません。

 

そこへ「羊博士」が現れ、羊男が作曲できないのは、クリスマス・イブに穴の開いたドーナツを食べたことによる呪いのせいだと教えます。

そこで羊男は羊博士の指示に従い、呪いを解くための穴を掘り、そこに定められた時刻に落ちます。

 

落ちた先で、羊男は次々に奇妙な人物に遭遇します。

顔がねじれた「ねじけ」、双子の姉妹、「海ガラス」、「なんでもなし」……。

ちょっと意地悪だったり不条理だったりする彼らとのやり取りを経て、羊男は呪いを解くための旅を続けます。

 

辿り着いた先に待っていたのは「聖羊上人」。

そして今まで出会った人々が一堂に会し、羊男に「クリスマスおめでとう!」と叫びます。

 

なんとこれまでの冒険はすべて仕組まれたもの。

羊男はクリスマスパーティーに招待されていたのです。

彼はそこでピアノを弾き、とても幸せな時間を過ごします。

 

目が覚めると、羊男は自分の部屋のベッドにいました。

そしてクリスマス・カードが届きます。

 

羊男世界がいつまでも平和で幸せでありますように

 

★      ★      ★

 

羊男」というキャラクターは村上さんの他作品にも登場しますが、その正体はいまいち不明です。

この世界には「羊男協会」なるものがあり、「羊男」たちはある種の義務のように羊の毛皮の衣装を着ているようです。

 

「なんで?」というところの説明はありません。

その不条理さが村上ワールド。

 

これは羊男が「穴に落ちる」話ですが、人生において我々は度々「穴に落ち」ます。

神ならぬ我々には、どういう因果で自分が「穴に落ちた」のかを知ることはできません。

表面上の理由は色々と考え付くでしょう。

しかし、本当のところはわからないのです。

 

ですから、聖羊上人がどうして穴に落ちたのか、という羊男の質問に答えは返ってこないのです。

自分では「何も悪いことしてないのに」呪われてしまうこともあるのです。

 

人生の不幸や不条理に「なんで自分だけが……」と嘆きたくなることは仕方のないことです。

けれど、理由を求め続けるのをいったん諦め、とにかく自分の状況を観察し、行動し、異質に思える他者と触れ合ってみると、「穴の中」にも意外な優しさや親切や幸せが発見できるかもしれません。

 

羊男の旅が私たちに教えてくれるのは、そんなささやかな幸せに至るためのヒントのように思います。

 

推奨年齢:小学校高学年〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

主食がドーナツ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「羊男のクリスマス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント