【絵本の紹介】「くんちゃんとふゆのパーティー」【289冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私が住んでいる大阪では、積もるほどに雪が降ることは本当に珍しく、息子はまだ積雪を見たことがありません。

けれども様々な絵本から雪遊びの知識はたくさん得ていますので、今年は色々と(勝手に)計画を立てている様子。

 

12月のカレンダーを見たら、いつの間にか息子が「そり」の予定を書き込んでました。

どうやら12月には必ず雪が積もるものと思っているらしい。

 

他にも巨大な雪だるまを作るとか、かまくら(2階建て・滑り台付き)を作るとか、期待は膨らむ一方。

これはもう、スキー場にでも連れて行くしかないかもしれません。

 

さて、今回は優しい冬の絵本「くんちゃんとふゆのパーティー」を紹介します。

作・絵:ドロシー・マリノ

訳:新井有子

出版社:ペンギン社

発行日:1981年11月

 

天真爛漫な「くまのくんちゃん」シリーズ。

以前に「くんちゃんのはじめてのがっこう」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「くんちゃんのはじめてのがっこう」

 

豊かな自然に囲まれた一軒家で、優しく理解のある両親から愛情を受けて健やかに育つくんちゃんの物語。

本当にこのシリーズは「健やか」という言葉がぴったりきます。

 

寒い季節がやってきて、冬ごもりの支度を始めるくんちゃん一家。

でも、くんちゃんは冬ごもりなんかしたくありません。

何故なら、まだ雪を見たことがないから。

 

それを聞いてお父さんは、くんちゃんが雪を見られるように、冬ごもりは少し先延ばしにすることにします。

子どもに理解のあるお父さん。

 

そのお父さんはよその家の屋根直しを手伝いに出かけます。

その後、ついに雪が降ってきます。

 

大喜びで雪と触れ合うくんちゃん。

雪を掴まえようとしたり、足跡を付けたり、雪だるまを作ったり。

雪が積もると食べるものがなくなるという小鳥たちのために、木の枝に食べ物を結び付けたり、しまりすやうさぎたちを呼んでパーティーを開いたりする、優しいくんちゃん。

 

そして、自分の家でも冬のパーティーをして、お父さんをびっくりさせようと考えます。

斧でもみの木を切り倒すくんちゃん。

小さくてもさすがはくま。

力持ちです。

飾りつけをし、クッキーを焼いて待っていると、真っ白な雪ぐまのようになったお父さんが帰ってきます。

 

お父さんは袋からくんちゃんとお母さんへのお土産を出し、家族は楽しい夕飯。

くんちゃんは幸せな夢を見ながら眠りにつくのでした。

 

★      ★      ★

 

黒ペンのタッチに赤が映えます。

「クリスマス」という言葉は出てきませんけど、くんちゃんが作るのは明らかにクリスマスツリーだし、大きな袋をかついで帰ってくるお父さんはサンタさんのようです。

 

マリノさんの描くイラストは、ラフなようでいて本当に繊細です。

くんちゃんの仕草や立ち方など、くまの特徴を維持しつつ人間の男の子そのものに見えます。

 

両親のくんちゃんを見つめる表情からは深い愛情が伝わってきて、思わず我が身を振り返ってしまいます。

寒いけど、面倒だけど、出費がかさむけど、やっぱりこの冬は雪遊びを経験させてやらないとなあ。

しかしいざとなったら、うちの息子は雪の冷たさと寒さにくじけて、早々に逃げ帰るんじゃなかろうか……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

お母さん美人度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くんちゃんとふゆのパーティー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント