絵本の紹介「キャベツくん」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは、個人的にも好きな作家さん・長新太さんの「キャベツくん」(文・絵:長新太、文研出版)です。

ナンセンスの神様と称される長新太さん。

そのオンリーワンな作風と絵柄は一度見たら忘れられません。

 

いい加減と言えばいい加減。

意味不明と言えば意味不明。

だけど妙に印象的で、不思議と居心地が良かったりする。

そんな長新太さんの脳内世界に一歩足を踏み入れたが最後、予測不可能な謎展開に否応なしに巻き込まれて、「???」の嵐。

 

だいたい、キャベツが主役というだけで、もう普通じゃないです。

キャベツくんが あるいてくると ブタヤマさんに あいました

なにそれ、悪口? なネーミング。

おなかをすかせたブタヤマさんは、いきなり「キャベツ、おまえをたべる!」と、キャベツくんをつかまえます。

キャベツくんが「ぼくをたべると、キャベツになるよ!」と言うと、広い空に鼻がキャベツになったブタヤマさんが、立体映像のように浮かび上がります。

ブキャ!」とびっくりするブタヤマさん。

 

以後、ブタヤマさんが、

じゃあ、ヘビが きみをたべたら、どうなるんだ?

じゃあ、タヌキが……

ゴリラが……

と、質問し、キャベツくんが

こうなる!

と衝撃映像を見せる、の繰り返し。

 

その間にも、二人は道を歩き続けています。

ゾウのシーンでは、絵本の繰り返しにおいてタブーの、

だいたい わかっていたけれど

を口にしてしまうブタヤマさん。

でも、

こうしてみると、びっくりします

と、なぜか敬語のブタヤマさん。

なんか、かわいそうになってきます。

最後にはキャベツくんもブタヤマさんがかわいそうになって、レストランでなにかご馳走してあげることにします。

 

話はわけわからないけれど、地平線と空の見える構図には開放感があります。

ただ、自由に空想をふくらませ、それをそのまんま描いたような絵本です(というか、長さんの作品は全部そんな感じ)。

この「キャベツくん」はシリーズで、ほかに「キャベツくんのにちようび」など、全五冊あります。

これでもまだ、長さんの絵本の中ではまとまっている方だと思います。

 

またそのうち、もっとシュールな長さん絵本を紹介したいと思います。

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント