【絵本の紹介】「ババールとサンタクロース」【288冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに「ぞうのババール」シリーズの続きをやりましょう。

ババールとサンタクロース」です。

作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ

訳:矢川澄子

出版社:評論社

発行日:1974年12月30日

 

この「ババールとサンタクロース」はシリーズ5作目にして、ブリュノフさんの遺作となります。

私もこの大河ロマン的絵本を綴ってきて、とうとうここまで来たかと感慨ひとしおです。

過去記事も併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「ぞうのババール」

≫絵本の紹介「ババールのしんこんりょこう」

≫絵本の紹介「おうさまババール」

≫絵本の紹介「ババールのこどもたち」

 

幼くして母親を亡くし、逃亡の果てに良き理解者や伴侶と出会い、ついにはぞうの国の王となったババール。

いくつもの試練を乗り越えたババールは、三人の子どもに恵まれ、幸せな安定した暮らしを手に入れます。

 

そして今回は、こざるのゼフィールが人間の世界で「サンタクロース」と呼ばれるおじいさんの存在を知り、アルチュールとババールの子どもたちにその素敵な話を聞かせるところから始まります。

 

彼らはさっそく、自分たちもクリスマスにプレゼントがもらえるよう、サンタクロースに手紙を出します。

けれど返事は来ず、がっかり。

 

そんな彼らを見たババールは、自らサンタクロースに会って直談判しようと決意します。

 

身分を隠し、一人旅に出るババール。

サンタクロースの手掛かりを求める彼の前に、様々な登場人物が現れ、協力してくれます。

サンタクロースについての文献を手に入れ、学者に解読してもらい、犬の協力を得て、サンタクロースのいるらしき「プリムネストエ」に向かいます。

 

そこでやっと本物のサンタクロースの家に辿り着きます。

サンタクロースは地下に住んでおり、アリの巣のようなその内部が図解されます。

実に楽しいシーンです。

 

さて、サンタクロースは忙しくてとてもぞうの国までは回り切れないとのこと。

そこでババールはクリスマスまでの休暇として、サンタクロースをぞうの国へ招待することにします。

 

ひこうせん サンタとくべつごう」に乗り、ぞうの国に帰還するババール。

サンタクロースはぞうたちの熱烈な歓迎を受け、ゆっくりとバカンスを楽しみます。

 

そのお礼として、サンタクロースはババールにサンタクロースの衣装とおもちゃの袋を渡します。

ババール自身がサンタとなって、ぞうの国の子どもたちにプレゼントを配るのです。

もちろんクリスマスは子どもたちはみんな大喜び。

サンタクロースはクリスマスツリーを届けてくれ、来年からは毎年ぞうの国にも来てくれることを約束して帰って行くのでした。

 

★      ★      ★

 

今回は絵本界最強クラスのご都合主義パワーは抑えられ、ババールはなかなかに苦労します。

その象徴として、例の大金持ちのおばあさんが登場しません。

彼女ならサンタクロースに対するコネも持ってそうなのに。

 

つまり、もうババールは完全に大人なのです。

自らの力で人生を切り拓く力を持っているのです。

 

その力の根源は、これまでのシリーズで繰り返し描かれてきた「落ち着いた態度」「均衡の取れた感情」「理性的な対処」といった「正のパワー」です。

不治の病に侵されたブリュノフさんは、最後の最後まで、子どもたちへのこれらのメッセージを送り続けたのです。

 

彼の死後、残された原稿をもとに、息子のロランさんがこの絵本を完成・出版しました。

そしてそれ以降も、「ババール」シリーズはロランさんの手によって描かれ続けています。

 

この間紹介した「マドレーヌ」シリーズが、作者の孫の手によって引き継がれたのと同じです。

 

≫絵本の紹介「マドレーヌのクリスマス」

 

奇しくも、作者の最後の作品がクリスマスにまつわるものという点まで共通しています。

 

ジョン・ベーメルマンスさんもロラン・ド・ブリュノフさんも、自分が子どもの頃から親しみ続けてきた偉大で楽しい絵本シリーズが終わってしまうことに耐えられなかったのでしょう。

作者の魂は作品と共に生き続け、また次の世代へと受け継がれていきます。

 

「正のバトン」を受け取った者は、それを正しく次のランナーに渡す使命感を呼び起こされます。

そんな風にして、ブリュノフさんが命を削って描いた「ぞうのババール」は、今もなお、世界中の子どもたちの生きる力となっているのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

サンタ家の断面図の楽しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ババールとサンタクロース

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント