【絵本の紹介】「さむがりやのサンタ」【287冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「さむがりやのサンタ」です。

作・絵:レイモンド・ブリッグズ

訳:すがはらひろくに

出版社:福音館書店

発行日:1974年10月25日

 

この時期になると今でも本屋さんに並ぶロングセラーです。

テキストなしのコマ割り手法を用いた「ゆきだるま」が世界中で大人気になったブリッグズさん。

この作品も同様にテキストはなく、フキダシにによるセリフのみという漫画的絵本です。

 

≫絵本の紹介「ゆきだるま」

 

点で描かれたつぶらな瞳がチャーミングなサンタさん。

絵本に登場するサンタさんって、わりかし作者の個性がにじみ出たキャラクターが多いんですが、このサンタさんは少なくとも見た目は一発でわかる王道サンタクロースです。

 

ところが、ページをめくってみると予想外。

何しろ、いきなり自宅のベッドで南国の夢を見ているところを目覚ましに起こされて、不機嫌そうな顔で、

やれやれ またクリスマスか!

と愚痴が飛び出すのです。

そして、ぶつぶつと文句を言いながら紅茶を入れ、朝ごはんを用意し、身支度をします。

これが細かいコマ割りで実にリアルに、丁寧に描かれています。

 

イギリス風生活を営むサンタの日常がありありと想像できるのです。

口を開けば文句と愚痴ばかりなサンタですが、生活の所作は丁寧で実直。

 

プレゼントをそりに積み、きちんと幌をかけ、一緒に暮らす動物たちに声をかけ、仕事に繰り出します。

 

そして一軒一軒を回ってプレゼントを配るのですが、これがなかなかの重労働。

意外にも煙突はお嫌いなようで、考えてみれば玄関を開けていてもらえば早いものを、わざわざ煙突を降りなければ入れないのは確かに非効率です。

 

えんとつなんて なけりゃいいのに!

すすだらけになっちまった

 

悪態をつくサンタに、同情しつつもついクスリと笑ってしまいます。

ラジオで雪情報を聴きながらお弁当のサンドイッチを食べるサンタ。

ちゃんとトナカイにもエサをあげます。

 

住人の差し入れ、ジュースは喜ばないけど酒には満足。

寒いですものね。

 

牛乳配達人と言葉を交わし、女王の宮殿にもプレゼントを配り、やっと仕事は終わります。

ここで終わらないのがこの作品のいいところ。

自宅へ戻ったサンタは、また紅茶を入れ、トナカイを労わり、温かいお風呂に入って一杯やります。

 

そして、自分へのクリスマスプレゼントを開け、ひとくさり文句。

寝る前にはちゃんと犬と猫にもプレゼントをあげ、最後は読者に向かって仏頂面で、

ま、おまえさんも たのしいクリスマスをむかえるこったね

 

★      ★      ★

 

いやあ、実に楽しいサンタさんです。

 

口が悪くて不愛想で文句が多いけど、根はやさしくて仕事も暮らしぶりも丁寧で真面目。

昔の頑固おやじ風のブリッグズサンタ。

 

何だか普段は知らないお父さんの仕事を覗き見たような気分になります。

それが不思議と温かく、親近感が湧きます。

 

リアリティと人間味たっぷりだけど、夢は壊れず、むしろサンタさんがもっと好きになる、そんな素敵な絵本です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆(コマ割りについてこれる子でないと難しいです)

人間臭さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「さむがりやのサンタ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント