【絵本の紹介】「マドレーヌのクリスマス」【286冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は大人気「マドレーヌ」シリーズより、この季節にぴったりの一冊を紹介しましょう。

マドレーヌのクリスマス」です。

作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス

訳:江國香織

出版社:BL出版

発行日:2000年11月1日

 

パリの寄宿舎で暮らす12人の女の子の活躍を描いた素敵な物語。

これまでに2作品を紹介しました。

 

≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」

≫絵本の紹介「マドレーヌといぬ」

 

マドレーヌといぬ」では絵本界の最高賞コールデコット賞を受賞したものの授賞式には出ず、マドレーヌの名前のモデルである妻を代理に立てたというシャイなベーメルマンスさん。

素行不良で故郷にいられなくなり、アメリカに渡り、ほとんど独学で絵を、描いて描いて描きまくることによって学んだベーメルマンスさん。

 

そんな魅力的な作者の生涯は、「ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯」という本にまとめられています。

とても面白いですよ。

 

さて、シリーズ化して以降のマドレーヌたちは、隣に引っ越してきたいたずらっ子のペピートと交友を深めたり、ロンドンやアメリカに遠征したりと世界を股にかけた活躍を見せます。

今回はパリに帰ってきて、お馴染みの寄宿舎でクリスマスを迎えるのですが……。

 

なんとマドレーヌ以外の11人と、ミス・クラベルまで屋敷中が風邪で寝込んでしまいます。

たった一人元気なマドレーヌは、掃除に料理、みんなの看病までてきぱきとこなします。

ただのいたずらっ子ではない、実にしっかり者。

そこに訪ねてきた、妙にアラビアンなじゅうたん商人さん。

12まいのじゅうたん」を行商に来たのです。

 

なんてすてき。あさ おきるとき、これで あしが つめたくないわ

と、やさしいマドレーヌは、ミス・クラベルの許しを得て、12枚のじゅうたんを商人から買い取ります。

 

ところが、全部のじゅうたんを売ってしまった商人は寒さに震え、じゅうたんを取り戻そうと屋敷に引き返してきます。

どんな商人だよ。

 

屋敷に辿り着いた時には、商人は全身カチンコチンに凍っており、マドレーヌがやかんのお湯で解凍し、薬を飲ませてやります。

パリの冬って、そこまで寒いの?

元気になった商人は実は魔術師で、マドレーヌを手伝って魔法で皿洗いをします。

さらに、呪文を唱えると、

じゅうたんが一斉に空に飛び上がり、12人をそれぞれの家族のもとに連れて行ってくれます。

12人は実家で楽しく過ごした後、寄宿舎に戻って元気に新しい年を迎えるのでした。

 

★      ★      ★

 

ツッコミどころ満載のマドレーヌ流クリスマス。

サンタカラーのじゅうたん商人、あれほどの魔術師なら、寒さくらいなんとかならなかったのかとか、最後に呪文を解くのは何故かミス・クラベルだったりとか。

なかなかはっちゃけた展開のオンパレード。

 

この楽しい絵本が、ベーメルマンスさんの遺作となりました。

絵本製版にあたっては、雑誌掲載時のカットを写真撮影で引き延ばしたり、その上から彩色したりして製本したそうです。

 

そのためかどうか、正直なところ、絵の完成度としては初期作品に及ばない部分が見られます。

いつもの美しい街並みのカットがないせいかもしれません。

 

でも、マドレーヌの奮迅ぶりは頼もしいし、珍しく彼女の顔のアップも見られますし、荒唐無稽でありながら幸せなストーリーも爽快感があります。

あっさりとした終わり方は、ある意味でベーメルマンスさんの遺作に相応しいようにも思います。

 

ベーメルマンスさんの死後、このシリーズは彼の孫のジョン・ベーメルマンスさんが引き継いで描いています。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

じゅうたん商人にツッコミたくなる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「マドレーヌのクリスマス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント