【絵本の紹介】「11ぴきのねことぶた」【282冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

ずいぶん間が開いてしまいましたが、「11ぴきのねこ」シリーズを取り上げたいと思います。

これまでに「11ぴきのねこ」「11ぴきのねことあほうどり」を紹介しましたので、そちらも併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「11ぴきのねこ」

≫絵本の紹介「11ぴきのねことあほうどり」

 

馬場のぼるさんの妥協を許さない姿勢ゆえに、シリーズ続編までに5年かかり、そして今回紹介する3作目「11ぴきのねことぶた」の完成までにはやはり4年を要しています。

作・絵:馬場のぼる

出版社:こぐま社

発行日:1976年12月15日

 

つまり、「11ぴきのねこ」誕生からここまでですでに10年近く経過していることになります。

絵柄は安定していますが、印刷技術の向上か、色彩はこれまでに比べて格段に鮮やか。

 

ストーリーはシリーズ通しての特徴である人間心理・集団心理をより濃く描き出したものになっています。

それでいて楽しさは少しも失われていない点が素晴らしい。

 

お腹を空かせていた11ぴきは、コロッケ屋を経て、それなりに生活の余裕が生まれたのか、今回はトラックを所有しており、旅をしています。

田舎の丘で、一軒の古い家を見つけた11ぴき。

廃墟らしいその家を綺麗に掃除して、自分たちの家にすることにします。

するとそこに、旅のぶたが訪ねてきます。

このへんに、ぼくのおじさんのいえがあるんだが、こちらですかな

 

どうやらここはこのぶたのおじさんの家だった模様。

11ぴきも(壁の肖像画から)そのことは思い当っているはずなんですが、今さら明け渡すのは惜しい。

で、ぶたを追い出してしまいます。

 

ぶたは仕方なく、材木を集めて自分で家を建て始めます。

雨が降り、仕事のできないぶたを見ているうちに11ぴきは気の毒になってきて、ぶたを家に招き入れてやります。

 

親切をしていい気持ちになった11ぴきは、ぶたの家づくりも手伝ってやることにします。

設計図を描き、トラックで資材を運び、てきぱき働く11ぴき。

ぶたも喜びますが……。

出来上がった立派な家には「11ぴきのねこのいえ」の看板。

あげるのが惜しくなっちゃったんですね。

 

結局ぶたは11ぴきのねこが占拠していた家に住むことになります。

温厚なぶたは別に腹も立てず、「まあ、いいさ。もともと ここは ぼくのおじさんのいえなんだ」。

 

さて、夜が明けると、台風がやってきて……。

11ぴきは家ごと空へ吹き飛ばされてしまうのでした。

 

★      ★      ★

 

相変わらず11ぴきはずるくて欲が深いけれども、憎めません。

あの幸せそうな笑顔のせいでしょうか。

 

ある種の人間の業を現している11ぴきの哀れで滑稽な末路を、子どもたちは笑いながらも、どこかで彼らと自分自身の心を重ね合わせています。

そこで何が生まれるでしょうか。

自分自身の客観視です。

 

11ぴきの無責任さ、不道徳さは、典型的な集団心理です。

行為の責任を自分自身の個において引き受けなくてもよい気楽さが、彼らを支配しています(とらねこたいしょうだけは少々責任感を持ち合わせている様子ですが)。

 

それは幼い子どもたちの「グループ」にも見て取れる光景です。

隣の子がやっていることなら、いい悪いを判断する前に真似をし、隣の子が泣くと一緒になって泣く。

そこからは本当の倫理観や道徳心は生まれません。

 

そうした集団的自我から、人間はいずれは自由に解き放たれなくてはなりません。

個としての有責性を引き受けた時に、初めて人間は独立性を確保するのです。

 

もっとも、だからと言って幼い子どもたちを性急に独立させようとするのは間違っています。

すべてには準備期間が必要であり、成長にはある程度の時間をかけなくてはなりません。

子どもたちがいずれ自由な個我に目覚めるためには、焦らずに、心の土を耕し、未来の種をまかなければなりません。

 

その種が「自分自身の客観視」です。

この絵本を「教訓」だと思うべきではありません。

馬場さんはそんな物語は作りません。

 

この絵本が素晴らしいのは、子どもたちが心から笑えるからです。

教訓に対しては、子どもは笑いません。

反発するだけです。

 

大笑いしながら、同時に自己を見つめるきっかけになる。

それらを両立させることは口で言うほど容易い作業ではありません。

馬場さんだからこそ、その困難な物語を作ることに成功したのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

今年の台風被害を思うと、ラストはちょっと怖い度:☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「11ぴきのねことぶた

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント