【絵本の紹介】「おばけリンゴ」【272冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年の夏は酷暑が続いたり、大雨や台風や地震の被害もあって、農家の人々も大変だったと思いますが、そろそろ実りの秋ということで、こんな絵本はどうでしょうか。

おばけリンゴ」です。

作・絵:ヤーノシュ

訳:矢川澄子

出版社:福音館書店

発行日:1969年3月31日

 

作者のヤーノシュさんは1931年ポーランド(当時はドイツ領)の工業都市に生まれます。

錠前屋とか織物学校とかを転々とした後、ほとんど独学でデザインを学び、1960年に初めての絵本「うまのヴァレクのはなし」で絵本作家デビューします。

 

200冊を超える作品を発表し、ドイツ児童文学会では最も成功した作家と言われています。

が、実は美術学校を「才能がない」という理由で中退しているのですね。

 

絵本の絵というものは一見子どもが描いたようなラフなタッチのものも多く、この「おばけリンゴ」に代表されるヤーノシュさんのイラストも、「へた」と取られることもあるのかもしれません。

しかし、この表紙の主人公の表情など、じっと見ていると何とも言えない深い味があります。

 

また、ヤーノシュさんの作る物語はユーモラスで可愛らしい中に、どこか「大人の寂しさ」を感じさせる部分があり、そこが魅力にもなっています。

大人でも、つい引き込まれてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

さて、内容を見て行きましょう。

主人公はワルターという名のヒゲの男。

貧乏ですが、リンゴの木を一本持っています。

ところが、この木はまだ一つも実が生ったことも花が咲いたこともないのでした。

 

ワルターはベッドで悲しみに暮れながら、心を込めて祈ります。

ひとつで いいから、うちのきにも リンゴが なりますように

すると、その小さな願いは叶えられ、ワルターの木に花が一つ咲きます。

ワルターは喜び、その花を大切に守ります。

花の成長を見守るワルターは幸せで、生き生きとしてきます。

 

ついにリンゴの実が生り、大きく育ちます。

が、ここでワルターにちょっとした欲が芽生えます。

リンゴが日増しに大きくなるので、取り入れを先送りし続けるのです。

 

そうするうちに、リンゴは化け物みたいな大きさになってしまいます。

そうなると、ワルターはこれを誰かに取られないかと心配になり、リンゴの番をするようになります。

やっとリンゴを市場に売りに行く気になったワルターでしたが、おばけリンゴは汽車にも積めず、背負って歩くことに。

おまけにあまりに常識外れの大きさのおばけリンゴは、買い手もつかないのでした。

ワルターは落ち込みます。

 

一方このころ、この国を脅かす一匹のリュウがいました。

国じゅうの作物を食い荒らすリュウを退治するか、贈り物で大人しくさせるか、王様が秘密警察(マフィアにしか見えない)に命じます。

 

秘密警察(マフィアにしか見えない)たちは、ワルターのおばけリンゴを思い出し、それをリュウに差し出すことにします。

リュウはおばけリンゴに猛然とかぶりつき、そしてリンゴをのどに詰まらせてあっけなく死んでしまいます。

国に平和が戻り、そしてワルターも悩みが解消されて元気を取り戻します。

そして今度からは「ふたつで いいから」、かごに入るくらいの小さなリンゴが生るようにと祈るのでした。

 

★      ★      ★

 

リンゴが生ってあんなに喜んでいたワルターが実はリンゴが嫌いだったとか、やたら悪そうな王様とか、あまりにも情けない竜とか、後半の超展開は突っ込みどころ満載で、笑っていいのやらなんやらわからなくなりますが、ワルターの心情の変化は、人間の欲望や期待について普遍的な真理を衝いています。

 

願いというものは叶いつつある時が最も幸せで、実際に叶ってしまうと何故か不幸になってしまったり。

また、何も持っていなかった時のワルターの願いは純粋でささやかなものだったのが、手に余るものを持ってしまってからは打算的な欲に変わり、そして持つことによって不安や心配まで抱え込んだり。

 

人間の幸福とは何ぞや、と、都会を離れて創作活動を続けた作者は問うているような気がします。

ヤーノシュさんの作品に漂う寂しさは、彼自身の人生に関係しているのかもしれません。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

リュウの恐ろしさ度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おばけリンゴ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント