【絵本の紹介】「いもうとのにゅういん」【267冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はあの名作「はじめてのおつかい」を生み出した名タッグ、筒井頼子さんと林明子による絵本を紹介します。

いもうとのにゅういん」。

作:筒井頼子

絵:林明子

出版社:福音館書店

発行日:1987年2月25日

 

小さな女の子のほっぺと髪の毛を描かせたら日本一。

個人的にも大好きな林さんの作品、このブログで取り上げるのはかなり久々です。

 

筒井さん&林さんの絵本は、隠し要素的に他作品との関連が描き込まれていて、それらを探すのも楽しみのひとつですが、この「いもうとのにゅういん」は、はっきりと「あさえとちいさいいもうと」の続編という位置づけになっています。

 

≫絵本の紹介「あさえとちいさいいもうと」

 

前作からの時間経過はおそらく1年くらいでしょうか。

あさえ6歳、あやちゃん4歳くらいかな。

 

ストーリーの方も彼女たちの成長に合わせるようにやや長めになり、より複雑な心情を描いたドラマになっています。

 

幼稚園から帰ってきたあさえと友達のひろちゃん(筒井さんと林さんの別作品「とんことり」に登場する女の子です!)。

あさえの人形「ほっぺこちゃん」で遊ぶ約束だったのに、ほっぺこちゃんが見えません。

また、あやちゃんの いたずらだ

あさえが怒ってあやちゃんを呼ぶと、お母さんがぐったりしたあやちゃんをおんぶして出てきます。

お母さんはあやちゃんを病院に連れて行きますが、入院することになって、パジャマやタオルを取りに帰ってきて、また出かけて行きます。

盲腸の手術と聞き、動揺するあさえ。

 

その不安を反映するように空が暗くなり、雨が降り出しそうになり、ひろちゃんは帰ってしまいます。

稲妻が光り、激しい雨が降り出します。

 

あさえはほっぺこちゃんを抱きしめて、一人でお父さんの帰りを待ちます。

ほっぺこちゃん ほっぺこちゃん あやちゃんは だいじょうぶよね……

 

やがてお父さんが帰ってきて、あさえと二人だけで夕ご飯を食べます。

病院からお母さんの電話で、あやちゃんの手術は無事に終わったことが告げられます。

明日のお見舞いに何を持っていこうかと思案するあさえ。

折り紙を折り、手紙を書きます。

あやちゃんが、もっとよろこぶものって、なにかしら……

考え続け、あさえはついに答えを見つけます。

そして次の日。

あさえがあやちゃんのお見舞いに持って行った紙包みの中には、大切な人形のほっぺこちゃんが入っていました。

 

おねえちゃん、ほっぺこちゃんを くれるの? あたしに? ほんとう?

喜ぶ妹に、あさえは「ちからをいれて うなずきました」。

 

お母さんはあさえの肩を抱いて、

あさえちゃん、たったひとばんで ほんとうに おおきな おねえさんに なったのね

 

★      ★      ★

 

今さら言うまでもないことですが、林さんの画力、特に小さな子の微細な表情を捉える筆の見事さには恐れ入るばかりです。

お母さんの指摘したとおり、あさえはたった一晩のうちに大きく成長します。

 

その内面の変化が、表情や佇まいにも表れています。

あやちゃんへのお見舞いを考えるあさえの横顔のカットは、幼さを残しながらも情緒的な成長を遂げようとしている少女を的確に捉えています。

これはとても難しい絵だと思うのです。

 

年の近い兄弟や姉妹は、どうしても上の子が我慢を強いられることが多いかもしれません。

あさえも、普段はあやちゃんを可愛がりつつも、自分の人形を使われることを嫌がっていたのだと思います。

いくらお姉ちゃんだって子どもですから、自分のものは自分のものとして、妹に渡したくはない気持ちは当然でしょう。

 

それを乗り越えて、あさえは大切なほっぺこちゃんを妹に贈るのです。

誰に強制されたわけでもなく、自分の考えで。

 

自分よりも小さな者、弱い者に対して「譲り、贈る」行為ができた時、あさえはこれまでにない喜びを感じたことでしょう。

 

……それにしても立派な子です。

ついつい自分の息子と比べてしまいますね。

兄弟がいないせいかなあ。

 

さて、例によって林さんの「遊び」として、病院には、他作品の登場人物がいます。

探してみてください。

よくよく見ると、彼女たちも大きくなっているような……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

あさえの美少女度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いもうとのにゅういん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント