【絵本の紹介】「おやすみなさいコッコさん」【264冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

早いもので、来月になれば息子も5歳の誕生日を迎えます。

息子の成長についても、また書こうとは思ってますが、「とにかく寝ない」という特徴だけは、赤ちゃんの頃からほとんど変わっていません。

 

まあ、本当に微妙な変化はあって、以前よりは多少リズムもついて、そうそう徹夜することもなくなったんですが、「素直に布団で横になって寝ようとする」ことは滅多とありません。

明らかに眠い時でも、なんとか頑張ろうとします。

 

これが寝かしつけをしなかったせいなのか、それとも生まれ持った性なのかは不明です。

 

今回は片山健さんが自分の娘さんをモデルに描いたコッコさんシリーズより、「おやすみなさいコッコさん」を紹介します。

作・絵:片山健

出版社:福音館書店

発行日:1988年1月30日

 

ま、程度の差はあれど、「寝るのが嫌い」という子どもはたくさんいます。

いつまでも遊んでいたいのか、どこか寂しくて怖い気持ちになるのか、そういう子どもの親はあれやこれや手を変え品を変え我が子を寝かしつけようと頑張ります(そして最終的にキレてしまう親もたくさんいることと思います)。

 

寝る前に絵本を読んであげることは、昂った神経を鎮め、楽しい気持ちで眠りにつかせるのに非常に有効です(うちの子は例外)。

「寝かしつけに良い絵本を……」と探す親たちのために、絵本にはいわゆる「おやすみなさいシリーズ」とでも呼ぶべきジャンルが存在します。

 

この「おやすみなさいコッコさん」も、もちろん寝かしつけにぴったりな絵本ではありますが、おそらく片山さんはそんな意図よりも、単に眠りに入る前の愛娘の可愛らしさに夢中になっているだけという気がします。

「コッコさん」シリーズ全編を貫いている「愛すべき親バカ」目線ですね。

布団に入ったまま寝ようとしないコッコさんに、お空のお月様がやさしく話しかけます。

もう そらの くもも ねむったよ

するとコッコさんは、

そらの くもが ねむっても コッコは ねむらないもん

と返します。

いけの みずだって ねむったよ

いけの さかなも ねむったよ

とりも……

いぬも……

おにいちゃんも……

 

だんだんと近づいてくるお月様の語りかけに対し、

コッコは ねむらないもん

と抵抗を続けるコッコさん。

 

しかし、この言葉遊びのような問答に引き込まれていること自体が、お月様(=親)の優しい計略の内。

予想通り、最後にはコッコさんは静かに眠りの世界に入っていきます。

コッコはねむらないもん……

コッコは……ねむらない……もん……

 

★      ★      ★

 

だんだん文字が小さくなるにつれ、読み聞かせるほうも自然と声を潜め、子どものまぶたも重くなって……。

と、そう上手くいけばありがたいんですがね。

 

うちの息子には、むしろいい言い回しを与えたようで、「ねむらないもん」を連発し、いっそうはしゃぎだす始末。

 

そもそも息子は「おやすみなさい〇〇」系の絵本を見るだけで内容を予測し、「読まない!」と拒絶することも多いです。

こちらが邪な気を持って読み聞かせようとするからでしょうか……。

 

≫絵本の紹介「おやすみなさいおつきさま」

絵本の紹介「おやすみなさいフランシス」

絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

一時は絵本よりも、宇宙に関する本などを延々と読んで聞かせるほうがよく寝ました。

最近はもうその手も通じませんが。

というかもう諦めてます。

 

作者の片山さんですが、その昔は怪しさ漂う幻想的でエロティックな鉛筆画で知られた画家で(「赤ずきん」などの挿絵も残ってます)、絵本とはずいぶん印象が違います。

 

絵本を作るようになってからも、その画風、ことに子どもの描き方が初期とはかなり変化しています。

例えば「ゆうちゃんのみきさーしゃ」と「おなかのすくさん」に登場する子どもを見比べてみると、彼らの発する生命力の差に驚きます。

 

≫絵本の紹介「ゆうちゃんのみきさーしゃ」

絵本の紹介「おなかのすくさんぽ」

 

それはやはり、ご自分が子どもを持ったことによる影響が大きいのでしょうね。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

作者の目線の優しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おやすみなさいコッコさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント