「2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」に行ってきました【西宮市大谷記念美術館】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年も行ってきました、毎年恒例の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」

いつも終了間際のレポートですけど、今回は珍しく早いですよ。

公式HP≫2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

 

実は前回記事の「みんなのレオ・レオーニ展」と同日に回ってます。

今、阪神間で行われている3つの展覧会のいずれかのチケットを提示すれば、相互割引が受けられます。

 

詳しくは≫「夏休みと絵本展のこと」

 

さてさて、もう1年たったのかーっていうのが一番の感想だったり。

この「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」は、ボローニャで開催される絵本コンクール(5点1組の絵本原画を用意すればだれでも応募可能)の入賞作品を集めた展示会です。

 

今年は約70か国3053作品の応募があり、日本人10名を含む25か国77作家(うちユニット3組)が入選を果たしました。

そのすべてがここで見ることができます。

 

何しろすごい数ですので、ひとつひとつじっくり見ていると膨大な時間がかかります。

正直なところ、小さな子どもを連れての観覧に向いているとは思いません。

展示されている高さが子ども目線ではないですし(息子に見せるにはいちいち抱き上げなくてはなりませんでした)。

 

内容の方も、絵本原画と言っても必ずしも子ども向け作品ばかりではありません。

というか、たった5点の絵でひとつの物語を構築しているわけですから、見る方もかなり想像力を駆使しなくては読めません。

 

それぞれの絵に箇条書き程度のテキストはついていますが、中にはそれを読んでも短い時間ではよくわからない作品もあります。

国も文化も違うとなおさらです。

 

でも、その極限に無駄を削ぎ落し、凝縮された表現こそ「絵本」の魅力であるとも思えます。

そして中にはぜひロングバージョンで読んでみたいと思う作品もいくつかありました(ほとんど作者名も作品名も覚えてませんけど)。

 

息子に受けて、私も面白いと思ったのは「都会の中の野性」(タイトルうろおぼえですが)という作品で、街の風景の中に隠し絵のように動物が潜んでいるというもの。

信号機がキリンだったり、観覧車がクジャクだったり。

 

他には韓国の作家さんの作品で、「あか」。

これはモノクロ画に赤色だけを効果的に用い、「赤」の持つイメージや認識を見るものに発見させるような作品です。

 

その他、ストーリーはわからなくとも、絵だけで十分に楽しめる作品もたくさんありました。

が、息子が途中で飽きてしまったため、後半は駆け足に。

特別展示(スペインの作家さんの絵本原画とかアニメーションとか)はほとんど見れませんでした。

 

子どもを連れてくるなら、小学生以上になってからのほうがいいかもしれませんね。

そんなわけで、3つの展覧会のうち、「チャペック兄弟と子どもの世界」展までは足を運べませんでした。

これは9月9日までやってますので、また一人でゆっくり行ってみたいと思ってます。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント