【絵本の紹介】「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」【261冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」を紹介します。

作・絵:ロバート・マックロスキー

訳:渡辺茂男

出版社:童話館

発行日:1995年4月25日

 

以前にほるぷ出版より刊行されていたものの復刻版で、現在は童話館から出版されています。

発表は1963年。

 

ロバート・マックロスキーさんと言えばロングセラー「かもさんおとおり」が有名ですね。

 

≫絵本の紹介「かもさんおとおり」

 

「かもさんおとおり」はモノクロ画でしたが、今作では鮮やかな色彩が楽しめます。

特に船やクジラの体内に用いられているピンクが効果的です。

 

この前紹介した「海は広いね、おじいちゃん」に引き続き、これもまた「老人と海」な絵本です。

おじいちゃんと言えば海。

 

≫絵本の紹介「海は広いね、おじいちゃん」

 

ちょっと長めの話で、洒落た表現もたくさん出てくるので、夏休みの読書感想文などにもオススメです。

 

バート・ダウじいさんは引退した沖釣り漁師。妹のリーラと暮らしています。

船を2艘持っていて、1艘は花壇にしています。

もう1艘が特にお気に入りの「潮まかせ」号。

 

かなり古い船ですが、バートじいさんは大切にしていて、しょっちゅうペンキを塗って穴をふさいでいます。

ペンキ塗りの仕事の余りで塗るので、カラフルな船になっています。

 

ある朝、バートじいさんは仲良しのかもめと一緒に、「潮まかせ」で沖釣りに行きます。

そこで釣り糸に引っかかったのが、なんとクジラ。

危うく船ごと沈められそうになりながら、じいさんはどうにかクジラをなだめて針を外し、絆創膏を貼ってやります。

が、いつの間にか空模様が怪しくなり、嵐が近づいていることを示しています。

 

このままでは突風にあおられて沈められてしまうと思ったバートじいさんは一計を案じます。

それはクジラの胃袋に一時避難すること。

で、クジラに頼んで呑み込んでもらいます。

今度は出るために、ペンキを撒き、クジラにしゃっくりをさせます。

無事に飛び出した「潮まかせ」が着水したのはクジラの群れの中。

バートさんが他のクジラにも絆創膏を巻いてやると、クジラたちは大変に喜び、一斉に潮を吹くのでした。

 

★      ★      ★

 

マックロスキーさんはアメリカ絵本の黄金時代を築いた作家の一人とされ、「かもさんおとおり」でもそうでしたが、その作風には「古き良きアメリカ」のテイストが色濃く表れています。

 

バートさんの人柄、リーラとの掛け合い、おしゃべりかもめとの交情、町の人々など、作者が心から楽しんで描いていることがよくわかります。

ピンチの連続の中でも常にジョーク混じりの粋なセリフを飛ばすバートじいさんは、いかにもアメリカ男です。

 

読み終わると、まるでアメリカ映画を一本鑑賞したような気分になります。

ちなみに絵を見ればわかりますが、「潮まかせ」の原文は「TIDELY-IDLEY」。

これまた洒落たネーミングになっています。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

生き生きした人物造形度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント