【絵本の紹介】「しきしきむらのなつ」【260冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

もう聞き飽きたセリフでしょうけど、暑いですね。

ちょっとこれは殺人的ですね。

 

夏は暑いものとは言っても、これではせっかくの夏休みも、外で遊びづらいものがあります。

プールで熱中症になるくらいですからね。

ここまで酷暑が続くと、夏の風情もなにも感じるどころではなく、ただただクーラーの効いた部屋にこもるばかりになってしまいます。

 

せめて絵本の中で、「いい夏」を感じたいと思って、今回は四季を描いた詩の絵本「しきしきむら」シリーズより、「しきしきむらのなつ」を持ってきました。

作:木坂涼

絵:山村浩二

出版社:岩波書店

発行日:2005年4月26日

 

作者の木坂涼さん(女性)は、詩人・エッセイスト。

翻訳の仕事も多数こなされており、絵本の翻訳も手掛けています。

 

私が初めてこの人の作品を知ったのは、息子が0歳、まだ絵本を読み聞かせ始めたばかりのころです。

月刊絵本「ちいさなかがくのとも」に「とんとんとんおとがしますか」という木坂さんが文を書いた絵本があり、内容が非常に平易だったので息子にちょうどいいと思って読み聞かせたところ、大ウケしたのです。

 

文のリズムや効果的な擬音が、小さかった息子にも非常に心地よかったのでしょう。

当時一番リピート率の高い一冊でした。

 

この「しきしきむら」シリーズでも、それぞれの季節の風物詩をあれこれ登場させながら、その耳に馴染みやすい言葉と文のリズムは健在です。

山村浩二さんの絵も可愛らしく、光や影を感じさせるイラストから、夏のにおいが伝わってきます。

なつ なつ なつ

なつは まぶしい ちっかちか

おひさま てって ちっかちか

 

山村さんの他の作品「くだものだもの」のような可愛くてすっとぼけた味のキャラクターが、ここでも活躍しています。

テキストには説明はありませんが、「しきしきむら」を舞台に、キツネ(♂)、ネコ(♀)、カメ、カタツムリの仲良し4人組が主人公となって夏を満喫する様子が描かれており、絵からも様々な想像ができます。

なつ なつ なつ

くん くん くん

なつの においは どこにある?

カブトムシ、アブラゼミ、やきとうもろこし、スイカ、にわか雨、そして大きな入道雲。

なつ なつ なつ

みつけた みつけた

なつ みーっけ!

 

★      ★      ★

 

夏に限った話ではなく、季節の変化や情緒を感じるには、やっぱり都会は不向きですね。

私も子どもの頃はお盆には父の田舎で過ごした思い出があり、海や山、蚊取り線香にスイカといった私の「夏のイメージ」はそこで構築されています。

 

息子にはできるだけ自然の多いところへ連れて行って遊ばせてやりたいのですが、こう暑いと道中が危険です。

今度は台風が西日本に接近してますし。

今年の夏は優しくない感じですね。

 

ともかく体調に気を付けて、健康第一で乗り切りましょう。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

五感刺激度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「しきしきむらのなつ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント