【絵本の紹介】「海は広いね、おじいちゃん」【259冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

酷暑が続いておりますが、皆様お元気で過ごされていますか?

特に高齢の方は熱中症にお気を付けください。

毎日街を走る救急車の数が半端ないです。

 

今回紹介するのは「海は広いね、おじいちゃん」です。

作・絵:五味太郎

出版社:絵本館

発行日:1979年3月

 

五味太郎さんによる「老人と海」絵本。

五味さんの描くおじいちゃんとかおじさんって、他にない味がありますよね。

 

毎回実験的な絵本を作る五味さん。

彼の作品の特徴は、「構造的なしかけ絵本」とでも言えるでしょうか。

この絵本もまた、独特な在り方を示しています。

 

表紙から続いて、おじいちゃんと孫の男の子が、海へ遊びに来たところ。

テキストは左ページに男の子、右ページにおじいちゃんのセリフ。

二人の掛け合いのみで物語は進行します。

はしゃいでいる男の子に対し、おじいちゃんは背を向けて読書。

男の子はなんと海に降りてくるUFOと泳いでくる宇宙人を発見しますが、おじいちゃんは振り向きもせず、生返事ばかり。

 

男の子が次々に変身する宇宙人と楽しく遊んでいるのに、おじいちゃんは気づきもしない。

宇宙人が女の人に変身して、クッキーを差し出した時にだけは振り向きますが、それでも異常事態を認識してはいません。

しかし、星型のクッキーを齧ったおじいちゃんに異変が。

 

遊び終わった宇宙人は男の子に別れを告げて飛び去って行き、それすら見ていないおじいちゃんは、

ぼちぼち 帰るとしようか・・・

と、パラソルを引っこ抜いて……。

パラソルをひっくり返して、

はやく乗りなさい、これで帰ることにしたんだ

 

なんと、二人は本当にパラソルに乗って飛んでいきます。

衝撃的なラストですが、

なに考えてるの、おじいちゃん?

ちょっとしたことさ・・・

という二人の会話には、不思議な親密感や連帯感が感じられます。

 

★      ★      ★

 

全然噛み合っていないようで、どこかで通じ合っているような、おじいちゃんと孫の関係。

おじいちゃんが熱心に読んでいた本のタイトルも、ニヤリとさせます。

 

男の子が見たものは現実か、それとも「なみにきをつけて、シャーリー」のような空想でしょうか。

≫絵本の紹介「なみにきをつけて、シャーリー」

 

もし空想だとすると、ラストの展開は、孫の果てしもない想像のお話を、一見素っ気なく聞いていたおじいちゃんの中に芽生えた化学変化のようなものと捉えることもできます。

 

おじいちゃんと男の子の孫、という関係には、どこか特別なものがあります。

それは孫娘との関係とも違うし、おばあちゃんと孫の関係とも違う。

うまく言葉にできませんけど。

 

私の場合、おばあちゃんとの関係は深かったんですが(母方の祖母はまだ存命ですし)、おじいちゃんとの思い出というのはほとんど皆無に近いです。

おじいちゃんというのは、おばあちゃんに比べてなんと近寄りにくい存在か、と子ども心に思っていましたね。

 

世間には色々なおじいちゃんがいて、この絵本のように孫と二人きりで海に行くような素敵なおじいちゃんもいることを知った今では、もっともっと「おじいちゃん」と関わっておけばよかったかな、と、思ったりもします。

 

しかし、私の父も妻の父も、全然孫と遊ぼうとしない「おじいちゃん」であることは残念至極です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

クッキーの味が気になる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「海は広いね、おじいちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント