【絵本の紹介】「あんぱんまんとばいきんまん」【258冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はお久しぶりに国民的アイドルに登場してもらいましょう。

あんぱんまんとばいきんまん」です。

作・絵:やなせたかし

出版社:フレーベル館

発行日:1979年7月

 

例によってまだ平仮名表記の、初期「あんぱんまん」です。

そしてついに今回、あの名悪役「ばいきんまん」が初登場します。

 

初期あんぱんまんの特徴やアニメとの差異、作者のやなせさんの想いなどをつづった過去記事も読んでみてくださいね。

≫絵本の紹介「あんぱんまん」

≫絵本の紹介「アンパンマンのサンタクロース」

 

さて、「ひもじい人に食べ物を(文字通り)身を削って分け与える」という、やなせさんの考える「正義」の具現として生み出されたヒーローあんぱんまん。

(ちなみにデザインは「月おとこ」にインスピレーションを受けたそうです)。

 

≫絵本の紹介「月おとこ」

 

第一作「あんぱんまん」では、砂漠や森で彷徨う人々に顔を食べさせるだけの(連れ帰ってはくれないんですね)お話でした。

私は大好きですが、少々シュールが過ぎて、ホラーテイストすら漂わせるデビューでした。

 

やなせさん自身、「何かが足りない」と試行錯誤を重ねた末、悪役ライバルとして「ばいきんまん」を登場させ、なおかつなんと「あんぱんまん」を巨大化させて戦わせるという王道ヒーローものに作品を転向させます。

 

あまつさえ、「顔を食べさせる」というあんぱんまん最大のコンセプトさえカット。

大丈夫なのかやなせさん。

 

しかしこれが結果的には大当たり。

以後、「ばいきんまん」は主役を凌ぐほどの人気者に成長してゆくことになります。

 

ついに名前が判明した「ジャムおじさん」(まだバタコさんも未登場)が、なんだか具合悪そうに座り込んでいます。

おじさん あんこが くさりますよ

とあんぱんまん。

こういうセリフ回しに、まだまだ飄逸なあんぱんまんのキャラクターが見えます。

 

あんぱんまんは工場の上空を覆う黒い雲を調べるため、飛び出します。

ここでばいきんまん登場。

触覚とか、微妙に現在とデザインが違います。

 

テレビであんぱんまんを見つけると、

なんだ、こいつは あんパンの おばけか?

と、紫色の光を放って、あんぱんまんを墜落させます。

 

あんぱんまんは地上に叩きつけられ、中身が出るなど、人間だったらかなりグロいことになります。

大泣きしながら工場に帰るあんぱんまん(この辺りの性格もアニメ版とは結構違います)。

 

さあ、ジャムおじさんは怒り心頭、具合が悪いのも忘れて「ジャイアントあんぱんまん」を作り始めます。

おおきくて かたくて ぜったいに つぶれない」という、とても食べることのできない「ジャイアントあんぱんまん」。

ボディはどうなってるの?

ボディもチェンジしてたら、あんぱんまんのアイデンティティってどうなるの?

そんな疑問は無視して、ジャイアントあんぱんまんはばいきんまんにリベンジ完了。

黒い雲を吹き飛ばし、青空を取り戻します。

 

戦いの終わったジャイアントあんぱんまんは元のサイズの食べられるあんぱんまんに戻り(ボディは?)、「せかいじゅうの おなかの すいた こどもたちを たすける ため」飛んでいくのでした。

 

★      ★      ★

 

やなせさん、悩んだんでしょうねえ……。

こうして改めて読み返してみると、第一作「あんぱんまん」とは結構違った方向へテコ入れしてるのがわかります。

 

何気に助ける相手が「こどもたち」に限定されちゃってるし。

しかしまあ、あんぱんまんのキャラクターや、せっかくできたジャイアントあんぱんまんが工場から出られずに屋根をふっ飛ばして外に出るところなど、シュールな味はそのままです。

 

私も子どもの頃はこの絵本の展開に興奮した記憶がありますし、やっぱり子どもが喜ぶものを追及した結果の作品転向であり、そしてそれは大成功と言うべきでしょう。

 

でも、初期の八頭身あんぱんまんのことも忘れないでやってくださいね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

色々と衝撃的度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あんぱんまんとばいきんまん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント