【絵本の紹介】「ウォーリーをさがせ!」【256冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「懐かしい!」と思い出す人も多いのではないでしょうか。

今回は一大ブームを巻き起こした「探し絵」絵本の金字塔、その第一作を紹介します。

ウォーリーをさがせ!」。

作・絵:マーティン・ハンドフォード

訳:唐沢則幸

出版社:フレーベル館

発行日:1987年12月

 

赤と白のボーダーのユニフォーム(楳図かずおに非ず)に丸眼鏡、「つえに、やかんに、きづち」「カップに、リュックに、ねぶくろ」「そうがんきょうに、カメラに、シュノーケル」「ベルトに、バッグに、シャベル」という、旅慣れているんだかいないんだか、そして一体どこへ行くつもりなのかさっぱりわからない装備。

 

この奇人ウォーリーを、無数の人混みの中から探し出すゲームブックです。

当時は日本中で目を皿のようにして探されていたウォーリー。

誕生30周年を記念した展示会が全国を巡回中です。

 

公式HP≫誕生30周年記念「ウォーリーをさがせ!」展

 

もうすぐ大阪にもやってくるそうで、私もぜひ行ってみようと思っています。

しかし原画を一枚見るだけでも相当な時間を要しそうですな。

ごった返す人、人、人の群れ。

この中のどこかにいるウォーリーを探すのはなかなかに大変です。

そして、登場人物ひとりひとりの行動のユニークなこと。

答えを探すことだけに夢中にならず、ぜひとも絵の隅々まで楽しみ尽くしてほしいです。

 

ウォーリーを見つけたら、今度は最初に戻って落とし物探し、さらに巻末見返しには各ページのモブキャラなどを探すハードモード付。

何回でも楽しめる作者の工夫が凝らされています。

刊行から30年、シリーズ新作の他、この作品自体も何度か改編されています。

 

★      ★      ★

 

1987年と言えば、ちょうど家庭用ゲーム機が普及し、子どもの本離れが危惧され始めた頃です。

ロンドンでこの絵本を見つけたフレーベル館の編集長は、この絵本なら子どもが繰り返し読んでくれると思い、翻訳刊行を即決したそうです。

 

現代では探し絵に特化した絵本も数多く出版されていますが、「ウォーリー」の飄々としたキャラクター、そしてイラストの魅力はやっぱり一頭地を抜いていると思います。

 

どこか謎めいたウォーリー同様、作者のハンドフォードさんの絵本製作過程もあまり明らかにされておらず、フレーベル館の編集者たちにとっても謎が多いそうです。

新作が発表されるたびに編集者たちが「問題となっているものが本当に絵の中にあるのか」を懸命に確認する作業があるとか。

ちなみに、ハンドフォードさんは決して答えを教えてくれないそうです。

 

どうしても見つけられなくてイライラが募ることもありますが、「見つけた!」瞬間の快感は何とも言えませんね。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

物を落としすぎ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ウォーリーをさがせ!

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント