【絵本の紹介】「くじらの歌ごえ」【254冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「くじらの歌ごえ」という絵本です。

作:ダイアン・シェルダン

絵:ゲイリー・ブライズ

訳:角野栄子

出版社:ブックローン出版

発行日:1991年6月25日

 

ケイト・グリーナウェイ賞を受賞した作品ですが、日本での知名度はあまり高くないかもしれません。

まず、写真絵本と見紛うほど精緻で美しい絵に目を奪われます。

キャンバス地の凹凸やざらざらした手触りまで伝わってくる味わいの深さがあります。

 

この超美麗な絵を手掛けているのはゲイリー・ブライズさんというイギリス出身の画家で、これは彼の初めての絵本だそうです。

物語も、彼の幻想的な絵にマッチしています。

主人公のリリーという少女に、おばあさんがくじらの話を聞かせます。

昔、桟橋の上でくじらの歌を聴かせてもらったお話です。

おばあさんは、リリーもくじらに見つけてもらいたかったら、何か贈り物をするとよいと言います。

 

そこへフェデリックおじさんが入ってきて、

くじらがだいじにされてきたのは 肉や骨や脂をとるためだ。リリーにおしえるんだったら もっとやくにたつことを きかせてやってくれ

と不機嫌な様子でおばあさんに言います。

 

おじさんは、普段からおばあさんがリリーに夢のような物語を聞かせるのを、苦々しく思っていたのです。

その後、リリーはくじらの夢を見るようになります。

夢の中のくじらは歌をうたい、跳びあがってリリーの名を呼ぶのでした。

 

リリーは桟橋に行って、黄色い花をそっと海に落とします。

くじらさん、どうぞ これ、あたしのおくりものよ

 

そして一日中桟橋に座ってくじらを待ちました。

夕日が沈むころ、フェデリックおじさんが来て、

そんなばかなまねは もうやめて、うちにおかえり。わたしはおまえに夢ばかりみているような人間になってほしくないのだよ

と諭します。

 

その夜、リリーは月明かりでいっぱいの部屋で、ふと目を覚まします。

家を抜け出し、浜辺へ向かって走ると、海には「おどろくほどたくさんのくじらが 月にとどくほどたかくとびはね とびあがっています」。

リリーは気が付くと裸足で浜辺に立っていました。

もうくじらの姿はなく、いつもの穏やかな海に戻っていました。

 

夢を見ていたのだと思い、家へ帰ろうとするリリーに、風に乗ってくじらの呼び声が聞こえてきます。

 

★      ★      ★

 

夢のような不思議な時間。

でも、本当に体験したこととして、記憶に刻まれている時間。

誰しもが子どもの頃に、そんな幻想と現実の境界に足を踏み入れたことがあるのではないでしょうか。

 

「目に見え、触れることができるものだけが現実である」と頑なに信じる大人たちは、そうした空想を否定し、そればかりかそんな話に腹を立てたりします。

でも、実際にはこの世界には人間の感覚器官によっては感知できないような微細な物質が存在するように、「目に見えるものだけが現実だ」という認識は「妄想」なのです。

 

五感では捉えられないような存在に対しても、実は人間はそれに近づき、認識する手段を有しています。

それが想像力という能力です。

 

もちろん、それは多くの誤謬の可能性を含んだ未熟な能力かもしれませんが、逆にそれがなければ、この世界に対しても人間に対しても、血の通った理解を示すことは不可能です。

 

そしてこの能力は、子どもの間に大切に育んでやらなければ、大人になってからでは取り返すのは絶望的に難しいものです。

 

想像力なんて、そんなに個体差はないだろうと思ったら大間違いです。

二人の人間が、同じ視力で同じものを見たとしても、まったく違う姿を見い出していることは不思議でもなんでもありません。

そこに想像力が介入しているからです。

それが豊かであるか、貧困であるかは、実は人生に関わるほどに重大な問題なのです。

 

私たちには、子どもの想像力の芽を摘み取ろうとする哀れな大人たちから子どもを守り、たくさんの物語を聞かせ続ける使命があると思います。

 

ちなみに、くじらは実際に歌をうたうようです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

絵の印象的度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くじらの歌ごえ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント