【絵本の紹介】ガルドン「あかずきんちゃん」【251冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は最も有名なグリム童話「赤ずきん」を取り上げます。

様々な作家が絵本化しており、その数はたぶん昔話絵本としても最多クラスでしょう。

 

それらはそれぞれに個性的で、読み比べると非常に面白いのですが、その中から一冊だけを紹介するのは難しいものです。

ですので、いずれまた別の「赤ずきん」を紹介することもあるでしょうけど、今回はポール・ガルドンさんによる割とオーソドックスな「あかずきんちゃん」を持ってきました。

作・絵:ポール・ガルドン

訳:湯浅フミエ

出版社:ほるぷ出版

発行日:1976年4月20日

 

オーソドックス、というのはグリム童話に忠実であり、絵の表現もテキスト内容を過不足なく説明しているという意味です。

しかし、実のところ「赤ずきん」はグリム兄弟のオリジナル作品ではありません。

そのあたりの事情を含め、「赤ずきん」という物語そのものについては後で触れるとして、まずはこの絵本の内容をざっと追ってみましょう。

 

昔々、あるところに小さな女の子が住んでいました。

とても可愛い子で、誰もが一目で好きになるほどでした。

とりわけこの子を可愛がっていたおばあさんがくれた赤い素敵なマントをいつも着ていたので、女の子は「あかずきんちゃん」と呼ばれるようになりました。

ある時、あかずきんちゃんは病気のおばあさんのお見舞いに、お菓子と葡萄酒を持って行くようにお母さんに言われました。

お母さんは道草を食わないように言い含め、娘を見送ります。

 

おばあさんのうちへ向かう森の中で、あかずきんちゃんは狼に会います。

あかずきんちゃんは無警戒に狼と会話します。

狼はあかずきんちゃんをそそのかし、道草を食わせている間におばあさんの家に先回りします。

そして、おばあさんを丸呑みにして、自分はおばあさんに変装してベッドに潜り込み、あかずきんちゃんを待ち伏せます。

 

遅れてやってきたあかずきんちゃんは、妙な胸騒ぎを覚えつつ、ベッドの中の狼と話します。

あら おばあさんのおみみ なんて おおきいんでしょう

おまえの かわいいこえが よく きこえるようにね

まあ おおきな おめめだこと

かわいいおまえが よく みえるようにね

おくちも ずいぶん おおきいのねえ

おまえを ひとくちに たべちゃうためさ!

 

というわけで、あかずきんちゃんは狼に呑まれてしまいます。

その後、狼が昼寝しているところへ、たまたま猟師が通りかかります。

 

猟師はベッドに寝ている狼を見て、おばあさんが食べられているかもしれないと思い、狼のお腹を切り裂きます。

すると、あかずきんちゃんとおばあさんが飛び出してきました。

 

あかずきんちゃんは大きな石を集めてきて、それを狼のお腹に詰めます。

目を覚ました狼は石の重みで倒れ、死んでしまいます。

 

おばあさんはお菓子と葡萄酒で元気になり、あかずきんちゃんはもう二度と言いつけに背いて道草を食ったりしないと心に誓うのでした。

 

★      ★      ★

 

作者のガルドンさんはアメリカで200冊以上の絵本を手掛けた作家です。

鮮やかな色彩と軽やかな線を用い、明るい印象の「赤ずきん」となっています。

 

これは私たちにとって最もなじみ深いグリム版「赤ずきん」ですが、グリム兄弟に先駆けること100年前にシャルル・ペローが「赤ずきん」の物語を書いています。

その内容は、赤ずきんが狼に食われたままで終わるバッド・エンドで、最後に「若い娘が見知らぬ人間の話に耳を貸すことの危険」についての教訓が添えられています。

 

ペロー版では赤ずきんが狼に言われるままに服を脱ぎ、ベッドに入るというエロティックな描写まであります。

割と露骨に「狼=若い娘を誘惑する不埒な男」という図式が示されているわけです。

 

グリムはこのあたりを改変し、子ども向けの童話に仕立てましたが、最後にはやっぱり説教臭い「教訓」が残っており、これはペロー版の名残りでしょう。

 

しかしグリム版も、フェミニズムの観点から非常に多くの「問題点」を指摘されています。

まあ、主人公が美少女で、なおかつ「ちょっとバカ」というだけでも、現代の女性から反発される要素は十分です。

しかも、彼女を助け出すのは結局男性である猟師で、赤ずきんの母親もおばあさんも無力なあたり、やはり当時の女性観はその程度であったと言えるかもしれません。

 

が、実はペロー版「赤ずきん」も、さらに元をたどれば民間の口承に残された昔話から作られていることがわかっています。

そちらにはもっとえげつないカニバリズム表現などもあり、しかし反面、主人公の少女は自力で狼から逃げ出します。

そして驚くことには主人公の女の子は「赤ずきん」をかぶっていないのです。

つまり、昔話絵本界のファッションリーダーのシンボルであるあの赤マントは、ペローによる創作だったのですね。

 

かように、昔話というものは時代の要請ともにどんどん形を変えて行きます。

それ自体は自然なことだと思いますが、一方で改変前の物語を子どもに見せることが「悪い」とまでは私は考えていません。

 

それぞれの時代には偏見と不自由があり、現代から見れば首を傾げたくなるような表現もあるでしょう。

しかし、それらから子どもを遠ざけるよりも、偏らない、多数の物語を与えてやることのほうが、結果として自由で幅広い視野が得られると思うからです。

 

いずれにせよ、「赤ずきん」の物語で、子どもたちが最も喜ぶシーンはおばあさんに扮した狼と赤ずきんのスリリングな掛け合いにあることは明らかです。

最後の蛇足じみた教訓など、忘れてしまっている子どもがほとんどではないでしょうか。

現に私は忘れていました。

 

また機会を見つけて、他の絵本作家による「赤ずきん」も紹介したいと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

美少女度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あかずきんちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント