【絵本の紹介】「ロバのシルベスターとまほうの小石」【250冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は1970年度のコールデコット賞(アメリカ絵本界最高賞)に選ばれた「ロバのシルベスターとまほうの小石」を紹介します。

作・絵:ウィリアム・スタイグ

訳:瀬田貞二

出版社:評論社

発行日:1975年10月30日

 

壮大な冒険ファンタジーを予想させるタイトルですが、別に怪物との戦いがあるわけではなく、ごく平凡な日常を送っていた主人公の、「まほうの小石」を偶然手に入れたことによる受難の物語です。

 

「まほうの小石」はどんな願いも瞬時に(しかも何の代価もなく、簡単に)叶えてしまうという反則級のアイテムですが、物語中盤においては、それが恐るべき呪いとして主人公を不幸に陥れます。

 

そこからの長い壮絶な孤独の描写は、大人が読んでもぞっとするほどに怖いものですが、それだけに、ラストに起こる奇跡は感動的です。

 

小石集めが趣味のロバの子どもシルベスターは、夏休みに河原で素敵な赤い丸い小石を拾います。

実はこれが、手に持って願いを言うだけで、どんな願いも即座に叶えてくれる「まほうの小石」だったのです。

 

それに気づいたシルベスターは、ワクワクしながら帰路につきます。

両親や友達に好きなことをさせてやろうと考えつつ歩いていると、腹を空かせたライオンにばったり遭遇してしまいます。

動転したシルベスターはあろうことか、「ぼくは岩になりたい」と口走ってしまい、その通りに岩に変わります。

 

さあ、ライオンに食べられる危機は逃れたものの、岩であるシルベスターはもはや身動きもできません。

まほうの小石の力で元の姿に戻ろうにも、小石に触ることすらできないのです。

 

助かる可能性としては、誰かが小石を拾い、岩をロバに戻してほしいと願うことくらいしかない、とシルベスターは考えますが、それはなんとあり得ない確率の話でしょうか。

さて、突然帰ってこなくなったシルベスターを心配する両親は、息子を探して近所じゅうを訊き回り、警察にも届けます。

大掛かりな捜索が開始されますが、まさか岩がシルベスターだとはわかるはずもなく、手掛かりは得られません。

 

落胆し、悲しみに暮れる両親。

一方のシルベスターは、虚しい願いを抱き続けることに疲れ、目を閉じ、考えるのを放棄し、本当に岩となったように過ごしていました。

 

月日が流れ、5月のある日(実に1年近く経っている計算になります)、シルベスターの父親のダンカンさんは、奥さんを励ますつもりでピクニックに誘います。

 

二人はイチゴ山の、あのシルベスターの岩に腰を下ろし、お弁当を食べようとします。

ダンカンさんは岩の傍に落ちているまほうの小石を拾い、

シルベスターが見たら、よろこぶだろうに

と、岩に乗せます。

母親の体温に、久しぶりにシルベスターは目を覚まします。

そして、声の出ないもどかしさの中、両親に思いを伝えようと渇望します。

 

母親は妙な胸騒ぎを覚え、

シルベスターが生きていて、近くにいるような気がするんですけど

と言います。

でも、それを聞いたダンカンさんは悲しい気持ちになってしまいます。

 

両親の悲愁を知ったシルベスターは、

ああ、もとのぼくになりたい

と心の中で叫びます。

 

すると、まほうの小石の力で、その願いは叶えられます。

驚喜する両親と息子。

 

その後、シルベスターはまほうの小石を鉄の金庫にしまいます。

みんなののぞみが、すっかりたりたのですから

 

★      ★      ★

 

この絵本の鮮やかな点は、「まほうの小石」というキーアイテムの意味を、物語の進行とともに次々と変化させていくところです。

 

序盤においては幸運・希望の象徴だった小石は、中盤においてはその万能性が恐怖に変わります。

そこからシルベスターと読者は、あてどもない欲求の充足への夢から引きずり降ろされ、受難の中で「本当に心から望むものは何か」と自問することを要請されます。

 

そしてそれを見出した瞬間、小石は呪縛を解きます。

「どんな望みも叶えてくれる」道具によって、主人公と読者は「すでに与えられている幸せ」に気づくのです。

 

実に見事な演出ですが、それを効果的に生かすには、若いシルベスターには過酷すぎると言ってもいいあの受難をしっかりと描く必要があったのです。

 

主人公があらゆる自由を奪われた鉱物に変わってしまうというのは、子ども心にも大変な恐怖でしょう。

こうなってしまうと、唯一「思考」が残されていることが、却って絶望感や孤独感を増すばかりで、大げさでなく死ぬより辛い地獄と言えるかもしれません。

 

一方、親の目線で読むと、「残されたもの」の辛さの方により感情移入してしまいます。

突然我が子を失い、しかも何の手掛かりも得られない両親の悲嘆がいかに深いか。

 

もし自分の身にそんなことが起こったら、とても耐えられないし、母親はもっとそうでしょう。

つらい毎日でした

もう、くらすはりあいが、ありませんでした

というシルベスターの両親には心から同情します。

 

作者のスタイグさんは「ピノッキオ」からこの物語が生み出されたと語っています。

「にんげんになりたい」というピノッキオの渇望と、「元の姿に戻りたい」というシルベスターの渇望、そして両者に共通するのは「愛されていることに気づく」という物語の核です。

 

私たちは「今あるものに感謝する」という気持ちが大切なことは理解していても、毎日の暮らしの中では驚くほどすぐにそれを忘れてしまいます。

だから、本当に自らを感謝の気持ちで満たしていくには、ぼーっと生きているのではなく、意識的にそういう感情を養う必要があります。

 

この絵本のような良質な物語に触れることは、上のような感情を養う意味も大きいと思うのです。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

シルベスターのうっかり度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ロバのシルベスターとまほうの小石

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント