絵本に登場するお父さんたち

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

もうすぐ父の日ですね。

絵本には星の数ほどの「お母さん」が登場しますが、反して「お父さん」は実に少ない。

たまに登場しても空気だったり。

 

そこで、今回の企画を思いつきました。

「絵本界の父親」たちに光を当てるべく、私が好きな絵本の中のお父さんたちをピックアップしてみました。

 

まったくの個人的好みで選んだものですので、あしからず。

では、どうぞお付き合いください。

 

●「もりのなか」のお父さん

まずはマリー・ホール・エッツさんの古典名作「もりのなか」より、男の子のお父さん。

最後にちらっと登場するだけなのに、非常に深い印象を与え、「絵本のお父さん」と言えば必ず名前が(名前ないけど)挙がる方です。

 

男の子を空想世界から現実世界へ連れ戻すシンボルとして登場しますが、その際に男の子の空想を一切否定しない態度と、

また こんどまで まっててくれるよ

の名言が広く支持されています。

 

●ふわふわさん

続いて「ちいさなうさこちゃん」より、うさこちゃんの父親です。

ふわふわさん」は訳者の石井桃子さんのネーミング。

 

そしてその石井さんのオリジナリティあふれる訳文により、なかなか渋くて素敵なお父さんとなっています。

特に「うさこちゃんとうみ」でのうさこちゃんとの会話は名文です。

 

うさこちゃんの主体性を引き出すようにうまく誘導しています。

 

●だるまどん

大人気「だるまちゃん」シリーズより、だるまちゃんの父親、だるまどん。

一見コワモテですが、息子を溺愛している子煩悩なお父さんです。

だるまちゃんとてんぐちゃん」で、だるまちゃんが欲しがるうちわ、帽子、履物を次々に集めてきます。

 

お店でも開けそうなラインナップ。

でも、なかなかだるまちゃんのお気に召す品を用意することができません。

 

それどころか「鼻」と「花」を間違えて、だるまちゃんにえらく怒られてしまいます。

ごめん ごめん」と平謝りするだるまどんが切ないです。

 

●スモールさん

毎回色々な乗り物に乗るスモールさん。

スモールさんはおとうさん」で、彼にも家族があることがわかります。

 

いたって普通の良い父親のように描かれていますが、その裏では飛行機や機関車を操り、時には農夫、時には消防士と八面六臂の活躍をするスーパーお父さんであることを、果たして家族は知っているのでしょうか。

 

●ババール

ぞうのババール」シリーズより、主人公ババール。

 

ババールのこどもたち」で、妻のセレストとの間に三人の子どもを授かります。

主人公が父親になるというのは、絵本界では非常に珍しいこと。

 

結核を患い、余命いくばくもない作者のジャン・ド・ブリュノフさんが、ババールに自身の子どもたちへの想いを重ねて書いたと思われる、

あのこたちのいないくらし なんて とても かんがえられないよ

というババールのセリフに胸を打たれます。

 

●「ちらかしぼうや」のお父さん

ちらかしぼうや」は、絵本には珍しいことに母親が登場せず、父と子が描かれています。

これは非常に短い絵本ながら、私が子どもに対してどう接するべきかのお手本となった作品です。

 

お父さんが片付ける端から次々に散らかして行くぼうやを、叱りつけるかと思いきや、

いいとも、いいとも

もういちど、さいしょから はじめるさ

と、抱きしめる、最高に素敵なお父さん。

 

これを読んだ瞬間、こんな父親であろう、と誓った思い出があります。

 

●「トリゴラス」のお父さん

最後は長谷川集平さんの奇作「トリゴラス」に登場するお父ちゃん。

 

息子の果てしもない妄想と情念に対し、

あほか、おまえは

と切り捨てる、大阪弁のおとんです。

 

そんな しょうもないこと ごちゃごちゃゆわんと、はよねえ!

ごもっとも。

 

「もりのなか」の子どもに深い理解を示すお父さんとは正反対のように見えますが、子どもを空想から現実世界へ引き戻すという点では同じ役割を持っているのです。

物語においては、子どもにとって父親は構造的に「現実」のシンボルなのかもしれません。

 

★        ★        ★

以上、少ないですが個性的な面々を取り上げてみました。

 

長い間絵本は「母親と子ども」のものだとされてきました。

しかしその古い認識を打ち破り、これからの時代、「お父さん」はどんどん絵本に登場するでしょう。

 

どんな新しいタイプの「お父さん」が描かれるか、楽しみな気持ちで待っております。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント