【絵本の紹介】「ふたりはいっしょ」【249冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもに読み聞かせるのとはまた別の楽しみがあるのが、絵本の一人読み。

とは言うものの、例えば梅雨のじめじめした、なんとなく気分の晴れないような日には、「絵本でも読むか」という気にはなりにくいものです。

 

やっぱり絵本というものは、心に余裕がある時の方が読みたくなるようです。

しかし、中にはそういうモヤモヤした気分の時でも楽しめる絵本もあります。

むしろそういう気分の時こそ、ふと手が伸びる絵本が、「がまくんとかえるくん」シリーズです。

 

この二人の間に流れる空気、繰り返される会話、それらは滑稽でありながら人生の哀しみや温かみに溢れ、読んでいるうちに不思議と心に落ち着きを取り戻すことができるのです。

 

今回は「ふたりはいっしょ」を紹介します。

作・絵:アーノルド・ローベル

訳:三木卓

出版社:文化出版局

発行日:1972年11月10日

 

以前、「ふたりはともだち」を取り上げました。

よろしければ併せてお読みください。

≫絵本の紹介「ふたりはともだち」

 

悲観的で出不精で内向的ながまくんと、楽観的でおおらかで積極的なかえるくんの凸凹コンビ。

今回も5つの短編集で構成されています。

まずは<よていひょう>。

一日の予定を紙に書き、それらを消化するごとに律儀に線を引いて消すがまくん。

 

なんともじりじりしますが、予定表が風に飛ばされてしまうと、もう「なんにも しないでいるより しかたない」と、悲しそうに座り込むがまくん。

本当に、こういう性格の彼にとって、生きて行くことは大変なんだろうと思います。

 

でも、そのがまくんに付き合って一日中隣で座っているかえるくんの存在により、がまくんは救われているのです。

最後の、「ぼく うれしいよ」というかえるくんのセリフは、読めば読むほど様々な感情を揺り起こされ、じーんとします。

 

<はやく めを だせ>では、かえるくんの素晴らしい庭に触発されたがまくんが、珍しくやる気を出して庭づくりに取り組みます。

なかなか芽を出さない種に、本を読んだり、歌を歌ったり、詩を朗読したり、音楽を聴かせたり。

 

がまくんの「とても たいへんな しごとだったよ」から、あるいは子育てのお話なのかしら……というのは、私の個人的な読み。

クッキーを食べるのを止められなくなった二人が、「意志力」を得るために、どうにかしてクッキーを食べずにいようとする<クッキー>。

これは例によって仲良し二人の「遊び」です。

最後までかえるくんに付き合った末に、がまくんがさらりとオチをつけます。

 

<こわくないやい>は、自分たちの勇気を試すお話。

互いにがたがた震えているのに、互いを勇敢だと褒め合う二人。

 

そしてラストに、最も深いお話の<がまくんのゆめ>。

夢の中、がまくんは妙な口上に乗せられて、舞台の上でピアノを弾き、綱渡りをし、ダンスを披露します。

それを客席からかえるくんが観ています。

 

がまくんは芸をするたびにかえるくんに向かって「きみは……できるかい?」と言います。

かえるくんは「いいや」と返事をし、そのたびに小さくなっていき、とうとう見えなくなってしまいます。

 

我に返ったがまくんは、自分のしたことを後悔し、口上に対し「だまれ!」と叫びます。

かえって きておくれよ、かえるくん

がまくんが悲痛な叫びと共に目を覚ますと、ベッドのわきにかえるくんが立っています。

 

ぼく きみが きて くれて うれしいよ

いつだって きてるじゃないか

 

★      ★      ★

 

<がまくんのゆめ>は、何度読んでも、がまくんの「ぼく ひとりぼっちに なっちゃうよ!」で泣いてしまいます。

 

友だち関係はほとんどの場合において非対称であり、精神的に「甘え、甘えられる」がまくんとかえるくんのような関係は、現実に珍しいものではありません。

しかし、「甘える」側の人間は、相手を大切に思いながらも、どこかでその相手から圧を感じたり、劣等感を抱いたりするものかもしれません。

がまくんの夢の中の声は、がまくん自身の無意識の声なのです。

 

それにしても、今回がまくんはバイオリンを弾いたり、クッキーを焼いたり、園芸をしたり、意外と活動的な面を見せます。

芸術家肌なんですかね。

 

だからこそ、すぐに殻にこもってしまうところがあるのかもしれません。

彼がかえるくんを必要とする気持ちがよくわかる一冊になっています。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

気分晴れやか度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ふたりはいっしょ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント