【絵本の紹介】「だってだってのおばあさん」【248冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

説明不要のロングセラー「100万回生きたねこ」の出版40周年を記念した「佐野洋子の世界展」が山梨県立美術館で開催されています(行きたいのに行けない絵本展が多すぎる)。

 

佐野さんの絵本は読者年齢を問わないのが特徴ですが、今回紹介する作品も大人が読んでも面白い、むしろ大人になったからこそ読むべき絵本です。

だってだってのおばあさん」。

作・絵:佐野洋子

出版社:フレーベル館

発行日:1975年

 

ちいさな家で、猫と暮らす御年98歳のおばあさんが主人公。

「加齢」がテーマになった作品ですが、「100万回生きたねこ」にしろ、「おじさんのかさ」にしろ、佐野さんの絵本の主人公は子どもでないことも多く、広い視点で読めば同様のテーマを扱っているとも言えます。

 

そして、このおばあさんもまたチャーミング。

98歳とは思えない矍鑠としたおばあさんと、孫のような存在の男の子猫。

 

ねこは魚釣りにおばあさんを誘いますが、

だって わたしは 98だもの、98の おばあさんが さかなつりを したら にあわないわ

と断るおばあさん。

さて、おばあさんの99歳の誕生日、ねこは99本のろうそくを買いに出かけます。

その間におばあさんはケーキを焼きます。

だって わたしは おばあちゃんだもの、おばあちゃんは ケーキを つくるのが じょうずなものよ

 

ところが、ねこはろうそくを川に落としてしまい、泣きながら帰ってきます。

残ったろうそくはたった5本。

おばあさんはねこを慰め、5本のろうそくをケーキに立てます。

そして、自分に

5さいの おたんじょうび おめでとう」。

そして次の日から、おばあさんは5歳のおばあさんになります。

ねこが魚釣りに誘うと、

だって わたしは 5さいだもの……、あら そうね!

 

おばあさんは溌溂と魚を釣り、川を飛び越え、川に入って魚を捕まえます。

5さいって なんだか ねこみたい

おばあさんは夢中になり、来年も誕生日には5本のろうそくを買ってきておくれ、とねこに頼むのでした。

 

★      ★      ★

 

「だって……だもの」

ネガティブに聞こえるフレーズを、魔法のように素敵な言葉に変えてしまう、佐野さんの手腕。

 

あえて98歳「らしさ」の中に自分をとどめていたおばあさんですが、たった一言、自分にこの言葉をかけるだけで生まれ変わったような楽しみや歓びに触れることができるのです。

 

年相応というのは別に悪いことだとは思いませんが、時には自分で自分にかけた呪縛から解放されてみるのもいいと思います。

幼児的な大人は醜悪ですが、童心を忘れない大人は素敵です。

 

「自分が何歳であるか」が重要なのではなく、「今、自分が何がしたいか」が大切。

そんな爽快なメッセージが軽妙な会話の中に感じられる作品です。

 

ちなみに、あとがきがさらに素敵です。

だって、おばあさんは一番たくさん子どもの心を持っているんですもの」。

 

「おばあさん」だけでなく「人間」に対する佐野さんの温かい視線こそが、彼女の作品の芯をなしているのでしょう。

 

関連記事≫絵本の紹介「100万回生きたねこ」

≫絵本の紹介「おじさんのかさ」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

99歳の足腰壮健度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「だってだってのおばあさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント