【絵本の紹介】「バムとケロのそらのたび」【243冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに「バムとケロ」シリーズを紹介します。

バムとケロのそらのたび」。

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1995年10月

 

以前にシリーズ第一作「バムとケロのにちようび」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「バムとケロのにちようび」

 

作品ごとの関連性を見つけ出すのも島田さんの絵本の醍醐味。

一冊でももちろん楽しめるのですが、シリーズ通して読むと面白さは何倍にもなることをお約束します。

 

雨の日の日曜日を描いた前作に続き、今回は「げつようびの あさ」から物語が始まります。

このシリーズは以後、火曜日、水曜日、木曜日……と続いて行きます(ということは、土曜日で完結?)。

 

またなんかおいしそうなものを食べているバムとケロのところへ、バムのおじいちゃんから郵便物が。

中身は「くみたてしきひこうき」。

相変わらず、小物のひとつひとつがおしゃれで可愛い。

ケロちゃんの行動もお約束。

 

バムのおじいちゃんといえば前作で登場した「ふしぎなひこうきじいさん」という本の持ち主。

故人かと思っていたら至って健在らしい。

二人は完成した飛行機に乗って、おじいちゃんの家を目指して飛び立ちます。

たまねぎさんみゃく

りんごやま

かぼちゃかざん

などの難所(?)を通る大冒険。

食事用のケチャップで危機を切り抜け、ついにおじいちゃんとおばあちゃんの家に到着。

おじいちゃんの誕生日を祝うのでした。

 

★      ★      ★

 

前作よりさらに絵の楽しみが増えたように思います。

少なめのテキストに比して、なんと絵の情報量の膨大なこと。

 

「バムとケロ」は二人組として行動しているようで、実は奇妙な生き物たちがいつもどこかにくっついています。

その一人が手のひらサイズの犬「ヤメピ」。

 

最初はぬいぐるみかに見えるんですが、よく見るとちゃんと自分の意思で動いているのです。

その行動は自由そのもの。

 

もう一人の小さな友達、三本耳のウサギの「おじぎ」も、必ずどこかに登場します。

彼らは文中では一切登場しませんから、「絵を読む」ことをしなければ、その存在にすら気づかないかもしれません。

 

でも、一度島田さんの「絵を読み」始めたら、その面白さに虜になってしまうでしょう。

発見はいくらでもあります。

サメかと思ったらペンギンだったり……。

 

島田さんのもう一つのシリーズ「かばんうりのガラゴ」と読み比べるとまた新たな発見があるかもしれませんよ。

 

≫絵本の紹介「かばんうりのガラゴ

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ケロちゃんのお絵かき大好き度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「バムとケロのそらのたび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント