【絵本の紹介】「コケッコーさんはこだくさん」【241冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はちょっと変わった絵本として、「立体制作物による写真絵本」というものを紹介します。

アニメ化もされた「コケッコーさん」シリーズの第一作「コケッコーさんはこだくさん」。

作:かろくこうぼう

出版社:フレーベル館

発行日:2007年1月

 

作者のかろくこうぼうさんは、にしやまかずひろさんとうらのかろくさんのユニットです。

一見するとCGのように見えますが、これらは木や粘土を使って制作した人形や小物を、写真撮影したものです。

 

そのせいか、どことなしにCGとは違うレトロな味が漂っています。

そして、内容も昭和テイスト。

コケッコーさんは10匹のひよこたちのお母さん。

家事に育児に振り回されて、超多忙な毎日。

 

じっとしないひよこたちを連れて、買い物に行くのも一苦労。

なんとかうまい方法はないかと知恵を絞って、ひよこを収納するエプロンを自作しますが、色々と不具合が生じます。

失敗と試行錯誤の末、辿り着いたのは浮き輪型エプロン。

家の仕事も食事も買い物も、このエプロンにひよこを乗せたまま楽々と片付けます。

ただし、お風呂の時間だけはやっぱりてんてこまいなのでした。

 

★      ★      ★

 

作り込まれた小物類が楽しいです。

手触りや温もりが伝わってきて、子どもにも受けます。

 

内容の方は正直なところ、コケッコーさんが気の毒過ぎて辛くなりますが。

 

こういう家事育児をバンバンこなすタフなお母さんがいて、騒がしいけど温もりのある大家族を「いいもの」とする風潮も、最近では遠のいたように思います。

だって、どう考えても母親の負担が大きすぎますものね。

 

我が家でも二人目を考えなくはないのですが、息子一人でも限界近くしんどいので、今のところは予定なしです。

子どもを育てるにあたって現実的に必要なものは畢竟「金と体力」だと思います。

 

若い時は金がないし、年を取ると体力がない。

いや、今では「金も体力もない」夫婦がどんどん増えてるのかもしれません。

 

国が掲げる少子化対策も期待できるものは全然ないですし。

「金と体力」の不足を何で埋めるのかというと、結局コケッコーさんのように個人の工夫と「根性」みたいな精神論に頼ることになります。

それはやっぱりおかしいと思うのですね。

 

あれ、なんか作品とあんまり関係のない話になってしまった……。

いや、この絵本自体は面白いし、前述したように懐かしい温もりがあって、息子にも好評なんですが。

ただ、コケッコーさんが可哀そうな気がして。

 

子育てに絡む話はどうしても冷静でいられませんね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

父親は何やってんだ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「コケッコーさんはこだくさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント