【絵本の紹介】「サルビルサ」【237冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

以前、サイン会で直接お会いした絵本作家のスズキコージさん。

お店と息子に向けてサインをいただきました。

 

≫スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

スズキさんの絵本は言語化不可能な独自世界。

常識にとらわれた大人には、「不気味」「意味が分からない」と、敬遠されることもあるかもしれません。

 

しかしそのイラストのド迫力と、作品全体から伝わる音楽的躍動感は読む者の心を惹きつけて離しません。

彼の絵本は頭で理解しようとするより、身体で感じたほうが素直に楽しめます。

 

今回はそんなスズキさんの作品の中でも、我が家の息子のリピート率が特に高い一冊「サルビルサ」を取り上げます。

作・絵:スズキコージ

出版社:架空社

発行日:1996年8月

 

「サルビルサ」ってなんだ? とまず思われるでしょうけど、スズキさんの(例の)造語です。

そして、本文も日本語ではなく、いわばスズキ語で書かれています。

 

もちろん、意味はわかりません。

ですが絵が非常に雄弁で、わりと明確なストーリー展開ですので、内容は容易に想像することができます。

 

異なる民族衣装をまとった二人の兵士が、それぞれ反対方向から駆けてきて、一匹の獲物をしとめます。

彼らの発する言葉は「モジモジモジ」と「ジモジモジモ」。

片方が「サルビ」と言うともう一方が「ビルサ」と返す。

 

つまり互いの言葉が回文になってるわけです。

意味はわからないけど、どうやら獲物の所有権について口論している模様。

 

交渉はまとまらないまま、二人はそれぞれの国に戻り、王っぽいのに報告します。

王は兵士たちに向かって大号令をかけます。

モジ!

するともう一方の国でも、

ジモ!

この有無を言わせぬ迫力、素晴らしいです。

しかし、文字がページ中央の綴じ部にかかって見にくいのが残念……。

 

王はそれぞれ大軍を率いて例の獲物が放置されている場所へ出向き、そこで話し合いが行われます。

ズナカ サルビ

ビルサ カナズ

 

しかし互いに譲らず、とうとう戦争が始まってしまいます。

二国の兵士たちが入り乱れての大乱戦。

ついには両軍とも王が倒れて、残った兵士たちはてんでに退却を始めます。

 

そこへ一羽の黒い鳥(最初からずーっと空から成り行きをうかがっていた)が舞い降りてきて、

サルビルサ

と発しながら、獲物をさらって飛び去ってしまいます。

 

★      ★      ★

 

想像力で読む絵本です。

両軍の激突はユーモラスでありながら、ほんのつまらないことに端を発し、それが戦争にまで発展してしまう馬鹿馬鹿しさ・愚かさを明快に描いています。

 

しかも、争いの原因であった獲物は、結局黒い鳥(他国)に労なくして奪われてしまうという暗示的なオチ。

これはスズキさん流の「反戦」絵本とも言えます。

 

ま、そんな細かいことはおいても、とにかく声に出して読んでると楽しくなる絵本です。

何回繰り返して読んでもストレスのない一冊なので、読み聞かせる側も楽です。

 

ところで、いよいよ世界から注目されている南北首脳会談、米朝首脳会談が行われますね。

様々な思惑が絡み合う中、少しでも平和実現に向けて進めばいいですが。

 

そう、一応時事ネタのつもりでこの絵本を持ってきたわけです。

言わないと誰も気づいてくれないでしょう?

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

エキゾチック度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「サルビルサ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント