【絵本の紹介】「ぼく、だんごむし」【235冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの頃、虫は好きでしたか?

カブトムシ、クワガタ、セミ、トンボ……。

 

そういう大御所に比べれば目立たないけれど、子どもに人気のある虫と言えば、だんごむしではないでしょうか。

割と簡単に発見できて、観察してて面白い。

見た目もあんまり気持ち悪くなくて、触りやすいし。

 

しかし、その生態については意外と知られていません。

かくいう私も、この絵本を読んで初めて知ったことがたくさんありました。

ぼく、だんごむし」です。

作:得田之久

絵:たかはしきよし

出版社:福音館書店

発行日:2005年4月15日(かがくのとも傑作)

 

作者の得田さんは昆虫少年として幼児期を過ごし、大学時代に昆虫を描き始め、虫に関する絵本を多数発表しています。

どれも深みがあって、大人でも「へえ」と面白く読める作品ばかりです。

 

得田さんは自分でも絵を描きますが、この「ぼく、だんごむし」では、たかはしさんに絵を任せています。

色鮮やかなコラージュで描かれた虫の絵は程よくリアルで美しく、虫嫌いの人にも読み易いと思います。

文はだんごむしくんの一人称で、自己紹介的に語られます。

林や草むらより、町中のほうが棲みやすいというだんごむし。

 

その理由は、彼らのえさ。

枯れた植物や虫の死骸に加え、人間の出す新聞紙や段ボール、コンクリートや石まで食べるのです。

だから、人間の暮らしているところのほうが棲みよいのですね。

敵に襲われたら、その名の通り、体をボールみたいに丸めて身を守ります。

これは有名。

 

でも、脱皮した抜け殻を食べたり、白っぽい赤ちゃんを産むことなどはあまり知られていないのではないでしょうか。

この図はちょっとキモチワルイですが。

そして、意外と盲点なのが、だんごむしが実は昆虫ではないということ。

そう言われたら、足の数が違いますね。

 

なんと、彼らは「かにや えびの なかま」の甲殻類。

水にも強いのです。

 

★      ★      ★

 

いかに自分が何にも知らないかを痛感する一冊でした。

だんごむしのあっぱれな食欲、生命力。

 

単に面白がって虫遊びをするところで終わる子どもと、飽くなき探究心を発揮して、深い科学知識を求める子どもの分水嶺はどこにあるのでしょう。

これは結構大事なところのような気がします。

 

ある程度のところで「まあいいか」と納得するか、とことん調べて、考え抜くか。

わからないことや疑問に感じたことを、そのままにしておいて平気な人と、そうでない人。

そういう姿勢の違いが、その後の人生の様々な場面で、大きな差になるのかもしれません。

 

「すぐに調べる」ことが習慣となっているかどうか、そして「調べる方法」を知っているかどうか。

子どものうちに、「調べて納得する」経験を何度も積んでおくことは、非常に重要だと思います。

 

それをサポートする周囲の大人の役割も大きいでしょう。

子どもの知識欲や探究心に火がついている状態を見逃さず、的確に知的な成功体験をさせてやることが求められます。

 

我が身を振り返ればわかると思いますが、子どもが内面にそうした炎を宿す時間はとても短いものです。

その「旬」を逃してしまえば、もう一度点火することは難しくなります。

けれども、どの子どもにも一度は必ず、その「旬」は訪れるはずです。

 

どんなに忙しくとも、子どもの発する質問には真摯に答えてやりたいものです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

目からウロコ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼく、だんごむし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント