【絵本の紹介】「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」【233冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は巨匠バージニア・リー・バートンさんによる「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」を紹介します。

作・絵:バージニア・リー・バートン

訳:石井桃子

出版社:童話館

発行日:1995年2月1日

 

バートンさんの描く乗り物絵本では、これまでに「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」「ちいさいケーブルカーのメーベル」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」

≫絵本の紹介「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」

≫絵本の紹介「ちいさいケーブルカーのメーベル」

 

乗り物絵本と言い条、どの作品もドラマ性が強く、話も長めです。

しかし、図鑑的な細密性、精緻性も持ち合わせており、子どもの好奇心を存分に満たす内容にもなっているところがポイント。

 

この「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」もその例にもれず、重厚なストーリーに加えて、スチーム・ショベルの働きや各パーツを詳細に解説しています。

特に、見返しの説明図は我が家の息子にも大好評でした。

 

毎回手法を変えるバートンさん。

今回は色彩鮮やかな石版画です。

 

マイク・マリガンは「メアリ・アン」という名前の赤い綺麗なスチーム・ショベルを持っていました。

二人は何年も一緒に働いてきた良きパートナーです。

マイクは「100にんのにんげんが 1しゅうかんかかって ほるくらい」メアリなら1日で掘ってしまう、と自慢していました(もっとも、本当にそんなことをしたことはありませんでした)。

メアリとマイクは観客が多いほど仕事が早くなるタイプ。

今までにたくさんの仕事をこなしてきました。

 

ところが時代の流れとともに新式のガソリンショベルや電気ショベル、ディーゼルショベルが発明され、二人の仕事を取り上げてしまいます。

落ち込む二人でしたが、新聞に、ある町で新しい市役所を建てるという記事を見つけ、自分たちでその地下室を掘りに行こうと出発します。

ポッパビルというその町に着くと、マイクは役人のところへ行き、新しい市役所の地下室を自分たちなら1日で掘って見せると持ち掛けます。

地下室の穴は100人が1週間かかって掘るような仕事です。

役人のスワップさんは信じませんでしたが、

もし、ほれなかったら、かねは はらってもらわなくても かまいません

というマイクの言葉に、とにかくやらせてみることにします。

 

さあ、次の朝早く、マイクとメアリは仕事に取り掛かります。

町の人々が次々と見物に来ます。

観客が増えるほど、二人は早く上手に掘っていきます。

 

時間との戦いの中でも、メアリはきっちりと四角に地下室の穴を仕上げていきます。

日が沈み、立ち込めていた蒸気が消えると、地下室の穴はすっかり完成されていました。

ところがここで問題発生。

なんと、マイクたちはあんまり急いだので、メアリが出る出口を残すのを忘れてしまったのです。

 

途方に暮れる二人と町の人々。

そこで、最初からずっとメアリたちを応援していた小さな男の子が妙案を出します。

それは……。

 

★      ★      ★

 

バートンさんの最初の絵本「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」は彼女の長男のアリスへ、そしてこの「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」は次男のマイケルへ捧げた作品です。

ポッパビルの男の子はどうやらマイケルがモデルのようですね。

 

バートンさんの乗り物シリーズにはもう一つ共通項があって、主人公である乗り物「ちゅうちゅう」「けいてぃー」「メーベル」「メアリ・アン」はどれも女性なんですね。

力強い機関車やショベルカーなどは男性的イメージで捉えがちですし、実際に世の絵本のほとんどがそれらを男性キャラクターとして登場させているのに対し、古典の部類に入るバートンさんの絵本ではその逆を突いているところが面白いと思います。

 

彼女が何を考えてそうした設定にしたのかは私は知りませんけれど、結果として女の子が読む場合でも感情移入しやすくなっているかもしれません。

もっとも、乗り物好きの子どもは、そんな点はさほど気にもせず、ごく自然に受け入れるでしょうけど。

 

バートンさんの絵本には蒸気機関に代表される「古き時代」が「新しい時代」に取って代わられるという話型が多く見られます。

確かに煙を吐き出す蒸気機関は環境にも悪いし、技術の発展と共に淘汰されていくのが定めです。

しかし、その一方で、その黒い煤にまみれた機械と人の間には、現代には失われたつながりのようなものがあったのかもしれません。

 

そう言えば、バートンさんは大変なチェーン・スモーカーで、そのために59歳で肺がんで亡くなっていますが、最近では喫煙家も段々と肩身が狭くなっているようです。

それもまた時代の流れでしょうけど、バートンさんが生きていらしたら、どんな風に感じるのでしょうか。

彼女の絵本に頻繁に描かれる「煙の絵」を見ると、ふとそんなことを考えたりします。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

転職の意外性度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「マイク・マリガンとスチーム・ショベル

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント