【絵本の紹介】「ぼくにげちゃうよ」【232冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは1942年に出版された古典名作「ぼくにげちゃうよ」です。

作:マーガレット・ワイズ・ブラウン

絵:クレメント・ハード

訳:いわたみみ

出版社:ほるぷ出版

発行日:1976年9月20日

 

伝説的絵本原作者マーガレット・ワイズ・ブラウンさんとクレメント・ハードさんの共作。

以前このブログで取り上げた「おやすみなさいおつきさま」を生み出した名コンビです。

 

≫絵本の紹介「おやすみなさいおつきさま」

 

「おやすみなさいおつきさま」「ぼくのせかいをひとまわり」、そしてこの「ぼくにげちゃうよ」は、同じうさぎの男の子を主人公とした3部作です。

物語的に続いているわけではありませんが、よく見ると色んな所に各作品とリンクするような描写がちらほらとあり、それらを見つけるのも楽しみのひとつになっています。

発表された順としては、「ぼくにげちゃうよ」が最初の作品となります。

 

ブラウンさんはわずか42歳で早逝されましたが、それまでに100冊以上もの絵本を作っていました。

ちなみに、とても綺麗な女性です(若い頃の写真を見た時、女優かと思いました)。

 

ある日、急に「いえをでて、どこかへ いってみたく」なったうさぎくん。

ぼく にげちゃうよ」と、お母さんに宣言します。

「お出かけ」ではなく、一人で家を出て、どこかへ逃げてしまいたいのです。

するとお母さんは落ち着いたもので、

おまえが にげたら、かあさんは おいかけますよ

だって、おまえは とってもかわいい わたしのぼうやだもの

と(うさぎくんが内心望んでいるであろう)返事をします。

 

ここから、母と息子のユーモラスな、一種の言葉遊びのようなやり取りが繰り返されます。

 

ぼくは、おがわの さかなになって、およいでいっちゃうよ

かあさんは りょうしになって、おまえを つりあげますよ

 

うさぎくんは「やまのうえの いわ」や「にわの クロッカス」や「ことり」「ヨット」などになって逃げちゃうよ、と言い、お母さんはその度に「とざんか」「うえきや」「」「かぜ」になって追いかけます。

実際にはただ親子が会話をするだけなのですが、これらの空想は楽しい絵として表現されます。

最後にはうさぎくんは「だったら、うちにいて、かあさんのこどもで いるのと おんなじだね」と、逃げ出すのをやめます。

お母さんは一言、「さあ、ぼうや にんじんを おあがり

 

★      ★      ★

 

絶対的な親の愛情を求める気持ちと、その庇護のもとから逃げ出して自立したい気持ち。

目まぐるしい速度で成長変化する子どもという生き物は、日常的にそうした葛藤に晒されています。

 

我が家の息子も、普段散々母親に逆らって怒らせておいて、次の瞬間にはケロッとして「ねえ、お母さん」などと甘えています。

で、気がすんだら一人で遊びだしたり。

 

親の気持ちなんて関係ありません。

妻は気分の切り替えが遅い方なので、なかなか息子に合わせるのが難しい様子です。

 

この絵本に登場する母さんうさぎを、「自立したがる子どもに干渉しまくる親」のように見て、その「愛情の押しつけ」を不快に思う方もいるかもしれません。

でも、このお母さんは別に過干渉なわけでも、子離れできないわけでもなく、愛情を試すうさぎくんに適切に対応しているだけです。

 

だから、最後のうさぎくんの「だったら、うちにいて、かあさんのこどもで いるのと おんなじだね」は、「諦め」ではなく、「満足」なのです。

子どもはこの手の「愛情の確認作業」をしばしば行います。

「自分が愛されているかどうか」は、子どもにとって最重要事項なのです。

 

それはいずれ自分が世界へ跳躍するための「土台」です。

土台がしっかりしていなければ、思い切って跳べません。

 

そして、この親子のやり取りは、子どもにとっては純粋に面白い遊びです。

うさぎくんが次々と繰り出す変身に、間髪入れず対応するお母さんの見事さ。

いわば「空想上の鬼ごっこ」です。

 

息子もこの遊びが気に入っており、時々母親に「ぼくが〇〇になっちゃったら、お母さんはどうする?」と持ち掛けています。

傍で聞いてて、「何をイチャイチャしてんだか」という気にもなりますが。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

イチャイチャ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼくにげちゃうよ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント