【絵本の紹介】「きょだいなきょだいな」【230冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「大きいことはいいことだ」な絵本、「きょだいなきょだいな」を紹介します。

作:長谷川摂子

絵:降矢なな

出版社:福音館書店

発行日:1994年8月20日(こどものとも傑作集)

 

元保育士の長谷川さんと、降矢さんによる共作。

降矢さんはスロヴァキア在住の絵本作家さん。

チェコスロヴァキアとか、日本ではマイナーな国かもしれませんが、実は知る人ぞ知る「絵本大国」なのです。

 

おしゃれで可愛い絵本がたくさんあって、コレクターの方も多いそうです。

日本では「もぐらくん」シリーズが有名。

 

さて、この「きょだいなきょだいな」は、空想力をどこまでも広げていく開放感に満ちた絵本です。

 

あったとさ あったとさ

ひろい のっぱら どまんなか

きょだいな ピアノが あったとさ

 

リズミカルな繰り返し文と共に、巨大な何かが次々と登場して、100人からの子どもたちが思う存分遊びまくる、という爽快な内容。

巨大ピアノの次は巨大せっけん。

電話にトイレットペーパーに桃、泡立て器に扇風機……。

 

何でもありのようで、実はどこの家庭にもあって、なおかつ子どもが遊びたがる(そして制止されてしまう)ものばかり。

長谷川さんのチョイスは実に的確です。

電話からはおばけが出てきたりして、ちょっと怖がらせ要素を含んでいるところも、子どもを引き付ける魅力なのです。

 

こうやって次々と「あったとさ」をやってるうちに、子どもたちは「こんなのは?」「これも大きかったら……」と、どんどん自分で想像力を駆使していくようになります。

100人の子ども+きつねくんの、それぞれの遊びっぷりや表情などを見るのも楽しみです。

よくよく見ると、色んな性格の子がいることも見えてきます。

 

最後は巨大扇風機で飛ばされて、お母さんのところへ帰って行きます。

 

★      ★      ★

 

子どもの空想力は果てしなく、自由で縛られない・・・などと言いますが、それはちょっと単純な見方だと思います。

空想力というものは、「子どもである」だけで無限に湧き上がってくるような力ではありません。

 

あまり真剣に考えている教育者は少ないように思いますが、空想力は訓練して適切に伸ばすべき種類の能力です。

訓練というのはもちろん遊びの中にあります。

 

まだ知識や経験が絶対的に不足している幼児に向かって、「さあ、自由に発想してごらん」と言ったって、困惑させるだけです。

こんな遊びがあるよ

こんなものがあったら面白いだろうね

と、まずは年長者たちが示してやることで、子どもたちの想像力は刺激され、活動を始めます。

その場合も、最初は真似・模倣から入り、単純な組み合わせに移り、そして自分だけの発想へと結びつけて行きます。

アイディアには「出し方」があるのです。

 

こういう力は、幼児期のうちに可能な限り伸ばしてやることが必要です。

大人になってからだと、なかなか難しいものです。

何をやればいいかわからないという方は、まずは絵本をたくさん読んであげるだけでも十分に効果があると思います。

 

長谷川さんと降矢さんの共作絵本では、「めっきらもっきらどおんどん」を、以前の記事で取り上げました。

≫絵本の紹介「めっきらもっきらどおんどん」

 

「きょだいなきょだいな」とは毛色の違う絵本に思われるかもしれませんが、私はこれらは実は似通った作品だと思っています。

それは子どもがその空想力を行使して異世界で遊び、そして最後は母親のもとへ戻ってくる、という形式を採用している点です。

 

すなわち「行きて帰りし物語」で、長谷川さんはこの話型を好んでいるようです。

同じ降矢さんとの共作絵本「おっきょちゃんとかっぱ」などもこの形式の物語です。

 

それはおそらく、「かいじゅうたちのいるところ」(モーリス・センダック作)の影響が大きいのではないかと思われます。

読み比べてみると面白いですよ。

≫絵本の紹介「かいじゅうたちのいるところ」

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

黒電話だけはさすがにもうないだろうな度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きょだいなきょだいな

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント