【絵本の紹介】「くものすおやぶんとりものちょう」【229冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

とんとん拍子で暖かくなってきましたね。

もうそろそろ桜が咲きそうな季節です。

そして同時に、毛虫が湧く季節でもあります。

 

みなさんは虫は好きですか?

私は正直言って苦手な方です。

 

子どもの頃は割と平気でミミズとかクモとか触ってたんですけどねえ。

あんなちっちゃな生き物が、どうして大人になると怖くなってしまうんでしょう。

 

しかし、子どもには元気で外遊びをしてほしいし、虫を怖がったりしないでほしい……という、自分勝手極まりない親心。

が、そのためにはまず親が気持ち悪がったりせずに虫と触れ合うべきでしょう。

今のところ、その機会はまだ訪れていませんが(無意識に避けているのかな)。

 

しかしその一方で、世の中には虫が好きで好きで愛おしくてたまらないといった大人たちもいらっしゃるのです。

今回はそんな虫好き絵本作家・秋山あゆ子さんの「くものすおやぶんとりものちょう」を紹介しましょう。

作・絵:秋山あゆ子

出版社:福音館書店

発行日:2005年10月15日(こどものとも傑作集)

 

秋山さんは1992年に月刊「ガロ」に漫画家としてデビューし、やがて絵本も手掛けるようになります。

これはあの佐々木マキさんと同じコースですね。

 

漫画も絵本も、題材はとにかく全部虫。

この作品も、昆虫×時代劇という独特の舞台設定ながら、絵本としての完成度は高く、虫が苦手な私もお気に入りの一冊です。

 

十手をあずかる「くものすおやぶん こと おにぐもの あみぞう」と「はえとりの ぴょんきち」の捕り物劇。

事件は菓子屋「ありがたや」(従業員はアリ)に届いた犯行予告文から始まります。

蔵の中のお菓子を頂戴する、と書かれた手紙。

差出人の名は「かくればね」。

春祭りを明日に控えたありがたやの主人たちは涙ながらにおやぶんに訴えます。

 

おやぶんは自慢の糸で蔵をぐるぐる巻きにし、夜通しの見張りに付きます。

夜も更けた頃、大きな繭が蔵の戸を叩き壊して侵入します。

その名の通り「かくればね」は姿を見せないまま、次々とお菓子を奪って逃走しようとします。

その正体は三びきの蛾。

羽の模様を変えて、背景に同化していたのです。

追いかけっこのシーンでは、探し絵遊びも楽しめます。

 

ついにおやぶんは「かくればね さんきょうだい」を追い詰め、蜘蛛の糸で召し捕えます。

かくればねたちは改心し、春祭りではお菓子を詰めた繭を運んで奉公します。

そして後には盗人の足を洗って運送屋となり、一件落着。

 

★      ★      ★

 

絶妙なバランスで擬人化された虫たちも見事ですが、江戸の街並み、たくさんの奉公人を抱えた大家の中などの細かい描き込みが素敵です。

前述の探し絵の要素とも相まって、隅々まで絵を楽しめる作りになっています。

 

耳馴染みのない時代がかった文も、音読すると楽しいです。

こういう本気の時代劇絵本は数が少ないので、その点でも貴重に思います。

 

我が家の息子も、もうちょっと大きくなったらセミやらクワガタやらを捕まえてきたりするのでしょうか。

街中に住んでいると、身近に虫を見かける場所も、捕まえる場所も、最近ではずいぶん減ったのかもしれません。

 

けれども、虫というものは人類より遥かに長い歴史を生き残ってきた種族です。

たとえ人類が絶滅しても、彼らのうちの多くは生き延びそうです。

 

もしかすると、虫に感じる怖さとは、そういう人間を遥かに超えた生命力に対する畏怖の念なのかもしれませんね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

虫愛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くものすおやぶんとりものちょう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント