【絵本の紹介】「おんちょろちょろ」【225冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は日本の民話絵本「おんちょろちょろ」を紹介します。

再話:瀬田貞二

絵:梶山俊夫

出版社:福音館書店

発行日:1970年2月1日(こどものとも)

 

「おんちょろ経」「ねずみ経」などのタイトルで、地方ごとに少しずつ細部が違う形で伝わっています。

しかしその秀逸なユーモア、痛快さ、伏線回収の見事さは全国共通です。

 

一人の男の子が道に迷ってしまうところから物語が始まります。

日が暮れてしまい、男の子は山のふもとの一軒家で、一晩泊めてもらおうとします。

 

その家のじいさんとばあさんは男の子を見て、お寺の小僧さんだと思い込み、親切にもてなしてくれます。

男の子は違うとも言えず、そのまま小僧になりすまします。

ご飯がすむとばあさんは、男の子に、「うちの ほとけさまに、ひとつ おきょうを あげてくださらんか

 

困った男の子は仕方なしに仏壇の前に座って手を合わせ、ちょうど壁の隅から出てきたねずみを見て、そのねずみの行動を即興のお経に仕立てて読み上げます。

おんちょろちょろ、でてこられそろ

おんちょろちょろ、のぞきもうされそろ

おんちょろちょろ、ささやきもうされそろ

おんちょろちょろ、ばちあたりそろ

おんちょろちょろ、でていかれそろ

 

こんなでたらめなお経でもじいさんとばあさんは有難がって、繰り返し唱えます。

次の日、男の子を町まで送ってあげた後も、じいさんとばあさんは毎日仏壇の前で「おんちょろちょろ」。

 

さて、そこへ三人組のどろぼうが忍び寄ります。

けれど、そこへじいさんとばあさんの「おんちょろちょろ、でてこられそろ」が聞こえたので、どろぼうたちはぎくりとします。

障子の破れ穴から中を窺うと、「のぞきもうされそろ」。

 

こちらの動きをすべて見通しているかのような言葉に、どろぼうたちはいよいよ驚き、小さな声で相談していると、「ささやきもうされそろ」。

いっそ二人を殺害してしまおうか、と言うと「ばちあたりそろ」。

どろぼうたちは震え上がって退散してしまいます。

 

じいさんたちは何も知らずに、「でていかれそろ」。

 

★      ★      ★

 

前段では進退窮まった男の子の機転に笑わされ、後段ではがらりと雰囲気が変わって、どろぼうたちの侵入にハラハラ。

そこで思いもよらぬ撃退劇に、感心するやら可笑しいやら。

 

実に無駄のない演出と構成です。

笑い話としてもよく出来ています。

 

「そろ」は「候」のことで、こういう言い回しは現代ではなおさら耳馴染みがなく、難しい気がしますが、それだけにもっともらしく聞こえます。

 

こういう、本人が全然そのつもりのないことで、偶然に災厄から逃れるという昔話は色々とあります(「ふるやのもり」とか)。

人生の幸運も災難も、己のあずかり知らぬところで、紙一重の差でやってくるもの。

親切や信心は、どんな形で役に立つかわからないもの。

 

じいさんとばあさんの純朴さが印象深く、そうやって純朴に生きていれば、悪いことが起こっても気づかず、悪いことの方から勝手に避けていくのだ、という慈愛のこもった人生観も見えます。

 

しかしまあ、今時はこういう老人は真っ先に詐欺被害に遭いそうですが。

それすらも、本人が気づかなければ幸せ……なのでしょうか。

 

純朴には生きにくい世の中だからこそ、こうした昔話が光を放つのかもしれませんね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

男の子の臨機応変度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おんちょろちょろ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント